2009年10月30日

門の外が変

3月っていうと、たいくうんさん的には(年度末の事務処理業務的に)シヌ程バタバタする季節…というイメージが強いんですが、そんな修羅場真っ只中の3月24日っていうのは

『削り節の日』

らしいです。3月に限らず、毎月24日は

「24 → ふし → 節」

という事で『削り節の日』らしいのですが、3月の場合は特に

「3・24 → み・ふし → 皆で節」

という事で、1年で12回ある『削り節の日』の中でも、総本山(?)的な意味合いがあるらしいです。…ううむ、今後はたいくうんさんも、3月は削り節をひたすらに食べまくって、修羅場の年度末業務を乗り切りましょうかね?

ちなみに3月24日の花は

『かたくり』

という花らしいです。…あんま聞いた事のナイ花ですが、こんなカンジの花(↓)みたいです。



【ナカナカ可愛くてキレイ】
katakuri.jpg



小さくて可憐なカンジの花ですが、花言葉は



「嫉妬」



らしいです。うぉぉ、何か怖いですな…。ちなみにその名の如く、昔はこの花の球根が片栗粉の原材料になっていたらしいです。…そんなカンジですので、もしかしたら片栗粉を食べ過ぎちゃうと、嫉妬と怨嗟に狂う亡者になっちゃうかもしれませんので(なんねーよ)、皆様くれぐれもお気を付け下さい。


で、そんなこんなな3月24日なんですがね、たいくうんさん的に最も印象深い3月24日というのは、1860年の雪の日に起きた

『桜田門外の変』

だったりします。…それにしても、何で雪の日って政変が多いんでしょうかね? 昔から格言として有名ですが、ざっと思いつくだけでも

・源実朝暗殺
・赤穂浪士討ち入り
・2.26事件
・たいくうん(5歳)、園内おもらし事件

等々、雪の日の政変というのは、ホント枚挙にいとまがありません(最後のは違うんじゃないか?)。

まーそれはさておき、この『桜田門外の変』での主役(?)である井伊直弼といえば

『安政の大獄』

で有名です。中学の歴史の授業の時、先生が黒板に赤いチョークで書いて

「ここテスト出すからな〜!!」

とか言ってましたよね? たいくうんさん、折角一生懸命頑張って憶えたのに、1ミクロンもテストに出ず、ヒジョーにグヤジイ思いをした記憶があります。

…まぁソレは置いとくとして、この『安政の大獄』によって

「維新が1年遅れた」

とも

「維新が1年早まった」

とも言われておりますが(たいくうんさんは「早まった」派)、何はさておき、『桜田門外の変』というのは、幕末を語る上で重要なキーである事は間違いありません。

で、そんな『桜田門外の変』なんですが、此度映画化が決定したらしいです。

…うぉぉ、大沢たかおさん+キンヤさんが出演ですよ。あ、キンヤさんって言っても、愛川の方ではなく、ガチにギャラ高い北大路の方ですよ!!(愛川欽也さんだってギャラ高いよ)。

そしてこの映画がですね、エキストラはイバラキ在住者を中心に募集、そして一部出演者もイバラキ在住のシロートさんを採用する方向らしいんです。…とりあえずたいくうんさん、出演者オーディションの申し込みをしたのは言うまでもありません。最初は書類審査らしいので、まずはソレをパスできればイイな☆ 書類審査パスして実際のオーディション参加できる事になったら、また日記にでも書く予定。

あ、ちなみにこの映画、現在でも一般人からの出資金を募っているらしいです。一口2000円ナリ。出資要項読んでみたら

「出資者にはエンドロールに名前掲載」

とか書いてあったので、ガチに出資申込するつもりだったのですが、エンドロールに名前が掲載されるのは500口以上の出資者のみらしいです。むぅ、残念…。


さて、今週は日曜の河口湖特別にてアースリヴィングが復帰戦を迎えます。GIデーでの特別戦という事もあり、やたらと骨っぽいメンバーが揃ってしまいましたが、飛躍の第二段階を目指す意味でも、是非是非見所のあるレースを見せて欲しいです!! そしてたいくうんさんが、上述映画のエンドロールに名前が載せられるぐらいの現ナマを咥えてきて欲しいです!!(それはムリです)

何はさておきアースリヴィング、復帰戦頑張れぇー!!
posted by たいくうん at 18:25| ☁| Comment(24) | アースリヴィング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月24日

拝啓 小笠先生へ

もぉ半年も前のハナシになるんですがね、2月にアースリヴィングの応援でドバイに行った際、小笠先生と数十秒だけオハナシする機会に恵まれたんですよ。…で、開口一番、小笠先生に

「アナタがたいくうんさんですよね?」

と言って頂き、たいくうんさんチョー嬉しかった事を今でも鮮明に記憶しております。まー多分、小笠先生がたまたまネットで何か調べ物をしていた時に、偶然ココのヘボブログをチラッと御覧下さったんだと思いますが、たいくうんさん的にはホントに物凄く嬉しいキモチになってしまったんです(嬉しさのあまり軽く失禁してしまったのはヒミツです)。

で、その会話の流れの中で

「今度、ブログで『小笠先生はイイ人でした』って書いて下さいね(笑)」

って仰って頂き、たいくうんさんは(キンチョーのあまり)

「ははは、ハイ!!」

としか答えられなかったんですが、その後約半年、ブログの話題で小笠先生に触れる機会はありませんでした。…たいくうんさんはチキンハートなヘボニートなんですが、約束事は必ず守らなきゃイケナイ…みたいなコダワリがあるので、この一件がヒジョーに気になっていたんですよ。で、(小笠先生は既に忘れちゃってると思うんですが)たいくうんさん、この約束の履行を遂げる為に、チョー久々に動画なんぞ創ってみましたよ。久々ゆえ、スゲー疲れましたよ。何はさておき、まずは皆様も是非是非御覧下さい。…あ、音を大き目にした方が、カナリ雰囲気出ると思います(↓)。


アースリヴィング・小笠師PV


まーとにかくアレがアレな内容で、イマイチ…というかイマ2イマ3な内容ですが、たいくうんさんなりに一生懸命頑張りました。もしこのブログを御覧下さった皆様の中に

「オレ、小笠師のマブタチだゼ」

みたいな方がいらっしゃいましたら(いねーよ)、是非是非この動画の存在を小笠先生に教えてあげて下さい。(まーどーせムリでしょうが)折角たいくうんさん一生懸命頑張ってこしらえたので、是非是非御本人にも御覧頂きたいなぁ…。

さて、今週はレンデフルとワンダフルが日曜の新潟戦に出走。2頭とも残り僅かの競走生活ですし、何とかもう一花咲かせて欲しいなぁ…。
posted by たいくうん at 23:27| ☁| Comment(18) | アースリヴィング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月20日

超ガッカリ…

…最近仕事の方がですね、(以前にも増して)バタバタ気味な今日この頃なんですが、今週土曜の23日には

「アースリヴィング国内復帰初戦」

という、超ドキドキワクワク(死語です)なイベントの現地観戦を予定していたので、それを唯一のココロの支えにして、ハイテンションで日々の仕事を張り切りながら、頑張ってこなしていたのですよ。


元々ですね、アースリヴィングの復帰初戦が昇竜Sになる事を想定して、先月の段階から

「来月の23日は絶対休みますよ!!」

って高らかに宣言していたんです。…宣言していたんです。…宣言していたんですよ。…宣言していたんですが、…宣言していたにも関わらず、23日は急遽、理不尽な仕事の都合によって(昇竜Sの行なわれる)中京競馬場へと馳せ参じる事が叶わなくなってしまいました。


うぎゃああああ!!!!!


…あーもーホントたいくうんさんショックです。超ショックです。タイムショックです(意味判んねぇよ)。…でも本当に、本っ当に、本っっっ当に(しつこい)、アースリヴィングの国内復帰初戦を、現地にて応援できないというのは、あまりにもショックでか過ぎです。2月にナドアルシバでの感動の走りを見せてくれた直後から

「アース、本当にお疲れ様。国内での復帰レースの時は、ゼッタイ応援に行くからね!!」

って固く心に誓ってたのに…。普段は(仕事の関係上)競馬観に行くのをガマンしてガマンしてガマンしているんですから、こぉいう時ぐらいはキッチリと休ませてもらって、競馬観に行きたかったです…。


そんな訳で、普段は温厚でイケメソなたいくうんさんですが、今回の件にはホントもぉ怒り心頭な状況です。まさにもぉ怒髪天です。…あ、大辞林で『怒髪天』を調べてみると

「激しく怒って髪の毛が逆立ったすさまじい形相」

とのコトらしいですが、今現在たいくうんさん、ヴィジュアル的にはこんなカンジ(↓)になっております。 





【みんな、オラに元気を分けてくれ】
4ffgtd.jpg





…まーそんなカンジな現状なんですがね、何はさておき、このやり場の無い怒りを少しでも紛らわせる為にですね、たいくうんさん、今夜の夕飯はカップ焼きそばを湯切りしないで食べてみる事にしました(何でそうなるんだよ)。





【こんなのでした】
20090520.jpg




で、早速食べてみたんですが、最初の1口目は

「お、新種のスープパスタ的かな?」

とか思ったのですが、半分喰ったら吐きそうになりました。つーか10分後にトイレで吐きました。現在もスゲェ気持ち悪くてシニそうですので、まぁある意味

「昇竜Sに行けない怒りを紛らわせる」

という当初の目的は、ある程度果たせたかと思います(そうなのか)。


もしかしたら日曜日は仕事休めるのかもしれないのですが、やはりどぉ転がっても、土曜日は昇竜Sを観に行くのは不可能っぽいです。改めて考えてみても、やっぱりショック大きいです。そんな訳でしばらくはココロの傷が残りそうなので、多分今週末は日記サボります。


でも今週は

アースリヴィング
エルメスグリーン
ワンダーフルーツ
ユーチャリス
オッティマルーチェ
レンデフルール
ファビュラスセンス

と、大量出走が予想されますので、(日記はサボっちゃいますが)全馬が僕のココロの傷を癒してくれるよーな快走を期待したいです。ホント、みんな頑張れー!!
posted by たいくうん at 20:36| ☁| Comment(26) | アースリヴィング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月02日

最近は少々仕事かバタバタで、昨日今日は仕事終わった段階で、もぉ本当にフラフラだったんですが、そんな状態で先程帰宅したら、自宅にGF会報3月号が到着しておりました。で、パラパラめくってみたら、何か白い人がいました。

…今回の遠征、たいくうんさんはですね、あの御方(↓)をイメージしてコーディネートしていったんですよ。





【ダンス大好き、幼児も大好き】
B0.jpg




…ちなみにアノ写真で僕の右隣に写っている御方が、セグチレーシングステーブルの瀬口社長です。帰路のヒコーキでは瀬口社長と御一緒させて頂いたのですが、件のおべべに関して

「いやアレ凄かったですね。芸能人みたいでしたね」

とお褒めの御言葉(?)を頂戴しました。…何か近々、EXILEもメンバー増員されるらしいですし、たいくうんさんに御声が掛かるのも時間の問題かと思われます。


あ、会報末尾の「UAE1000ギニー観戦記」は、クラブに出した手紙の一部抜粋なので、何か文章がヘンです。…ううむ、会報に掲載されるなら、もっとチャンとした観戦記送ればよかった…(激しく後悔)。ちなみにプレゼント提供者名は

「提供者氏名は『イケメン会員』もしくは『匿名希望』でお願いします」

と申し上げていたのですが、容赦無く後者が採用されたという事は、グリーンファーム愛馬会が会社の総力を挙げて僕のイケメンっぷりを全否定してるという事なのでしょうか?(違います)

ま、ソレはさておき、1通も申し込みが無かったらカナシイので、気が向いたら皆さん、プレゼント申し込みしてやって下さい。
posted by たいくうん at 19:50| ☔| Comment(30) | アースリヴィング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月26日

今宵のドバイはアツく烈しく

…さて、UAE1000ギニーの激戦もマダ記憶に新しいですが、今夜(日本時間2:45/現地時間21:45)アースリヴィングがUAEオークスに出走します。前走では充分力がある所を見せてくれましたし、今回の晴れ舞台では是非是非快挙達成を目指して、全力で頑張って欲しいです。小笠調教師もコメントで積極的な競馬をさせる旨を仰っていますので、(結果はともかくとして)ホンキで勝ちに行く競馬を披露してくれる事と思います。

で、たいくうんさん、明日は朝6時には職場にいなければならないので、今から少し寝ます。零時ぐらいにおっきして、活動を再開する予定です。ちなみに今、たいくうんさんが思い描いている未来予想図は、こんなカンジ(↓)です。





【快挙達成に驚喜する小笠師(右)と、感涙するたいくうん氏(左)】
g00123.jpg



…んーでもホント、どんな結果が待ち構えているんでしょうかね? たいくうんさん、今からドキドキワクワク(明らかに死語です)です。願わくば、皆様も是非是非アースリヴィングの頑張りと幸運を祈ってやって頂ければ、重畳の極みこの上ありません。

じゃあとりあえず一旦寝ます。おやすみなさい。
posted by たいくうん at 18:49| ☔| Comment(38) | アースリヴィング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月08日

ドバイ遠征記(競馬編)

さて、そんな訳でドバイのハナシです。…うん、ドバイのハナシなんですがね、ドバイのハナシなんですがね、もぉね、何て言うんでしょう? ネタが有り過ぎて、何を書いていいのか正直ワカラナイようなカンジです。…あ、何かネット上では

「たいくうんのヤツ、ホントはドバイなんて行ってねぇんじゃねぇの? だからきっと遠征記なんて書けないよ」

とかいう不敬極まりないハナシも目にしますが、そんな事はありませんよそんな事はありませんよ。ちゃんと昨日ね、スポーツ新聞はひととおりチェックしましたし、GFの公式HPや『Team Japan keiba(TJK)』のサイトはキッチリと目を通しましたので、たいくうんさんがいかにもドバイ行ったっぽい日記は書けるハズです(やっぱ行ってねぇんじゃん)。

まーそんな前フリはさておき、今回のこの晴れの遠征のために、たいくうんさん新兵器を携行していきましたんで、ソレを駆使しながら、早速イロイロ御紹介させて頂きます。

うん、じゃあまずは競馬場から御案内しましょうかね? 競馬好きなら誰しも1度は聞いた事があるであろう、中東競馬の聖地(若干大袈裟?)であるナド・アルシバ競馬場。スタンドはこんなカンジでした。

画像だと若干判り難いですが、想像していたよりもだいぶ小さかったです……というか、東京競馬場とかが大き過ぎるだけなんでしょうか? でもホント、ナド・アルシバ競馬場って、あの規模のスタンドで、ドバイワールドカップ当日とか対応し切れてるのだろーか?(収容客数的な部分で)とか思ってしまいました。ちなみにコースレイアウトは、(数字的な部分からイメージできるとおり)かなり長い直線を備えた競馬場といったカンジでした。馬にとっては結構ハードなコースという事になるんでしょうかね?

で、ひととおりやる事を済ませた後、怯えながらも下のスタンドとかゴール板付近を歩いてみましたよ。…まぁ当然といえば当然なんですが、右を見ても左を見てもガイジンさんばかりでした(当たり前じゃん)。割合的には、下のスタンドとかゴール前はフツーの現地の人達のパーセンテージがヒジョーに高かったですが、上のスタンドは金持ちっぽそーなヒトタチと西洋系のガイジンさんのパーセンテージが高かったようなカンジです。

そんなこんなでサクサクとレースが進んでいきます。コッチ来て初めて知ったんですが、ナド・アルシバ競馬場ってパドックとウィナーズサークルが一緒なんですね。勝ったら勝ち馬がパドックに戻ってきて、蹄鉄を模した植え込みみたいな所に入るって流れでした。こんなカンジです。

で、レースが始まると観客は俄然盛り上がります。これは万国共通です。でも声援はやはり外国式でした。……ちなみにこのカモンおやじ(白人)は、レース後

「シット!!」

って言って、壁蹴ってどっか行っちゃいました。…ううむ、さすがワールドクラスはやる事が違いますな!! 僕も今度東京競馬場で真似してみようと思います(警備員さんに捕まります)。

あ、声援で思い出しましたが、向こうの人達の地元馬に対するアツい応援っぷりには、本当に驚かされました。地元馬が勝ち負けの際どい勝負を繰り広げようものなら、一気に観客のボルテージは最高潮に達します。動画自体はちっちゃ過ぎて判り難いですが、パソコンの音量ボリュームを上げて、歓声に御注目下さい。

地元の人達が買ってるのは、宝クジみたいなヤツだけ(宗教上馬券は売ってない)ですので、馬券抜きでここまでアツく地元馬を応援できるってのは、ホント世界広しと言えどもココだけかもしれません。

しかしながら、それぐらい地元馬への応援がアツいという事は、逆に言うと、アースリヴィングの関係者的には超アウェー状態…。あの何とも言えぬアウェー感満載の雰囲気…というか空気は、日本では絶対に有り得ない独特の感覚でした。ちなみにたいくうんさんは、その特異な空気に完全に呑まれちゃって、チョットだけチビッちゃったのはナイショです(言ってんじゃん)。

そんなこんなでいよいよアースリヴィングの出番となります。動画は沢山撮ったんですが、とりあえずパドック動画だけ簡単に御紹介。アースリヴィングの出資者の皆様は必見ですぞ!! あ、ついでにジョッキー騎乗後のパドック動画も御紹介。

そして遂にレースを迎えます。あ、レースに集中する為、動画は撮っておりません。自分なりに最大限の集中力を駆使して、アースリヴィングの頑張りを脳裏に焼き付けてきました。とりあえずまずはの公式映像を観てみましょう。ココの2月6日の6Rです。

ルメールさんが抜群のロケットスタートを決めてくれたものの、その後徐々に徐々に後退してしまったので、その時はホントもぉ

「やはり輸送の影響で全力を出し切れないのか?」
「こんな遅い時間(現地時間22:15)の発走だから、馬が戸惑ってるのか?」
「ナド・アルシバの独特のダートじゃ適応できないのか?」

とか色々ネガティヴな事ばかり考えてしまったのですが、4コーナー手前あたりからの進出、そしてラスト1ハロンの伸びは本当にシビれました。それでも正直、2番手にいた馬は交わせないだろうと思ったのですが、最後の最後までキッチリ伸びて2着を確保してくれました。戦前のレーティングでは5〜6番手の評価でしたので、本当に嬉しかったです。レース後、口の中が鉄の味っぽかったので

「何だろな?」

と思ったら、頬の内側がザックリ切れていました。自然とボルテージが上がってしまって、奥歯を噛み締めた時に切っちゃったみたいです。…普段、出資馬のレースを現地観戦している時は、たまに

「何か応援のテンション低かったね」

とか言われちゃうぐらい、冷淡(感性が鈍いだけか?)なたいくうんさんですが、さすがに今回は相当力が入っちゃったんだなぁ…。

でもそれにしてもホント、今回この善戦以上とも言える結果を残せたのは、アースリヴィングの頑張りだけではなく、小笠先生や山口助手の様々な試行錯誤、そしてアースリヴィングをベストターンドアウト賞に導いてくれた坂田厩務員、遠征に際してベストの環境を整えて下さった田中敬太氏、多岐に渡ってサポートをして下さった須田鷹雄氏、そして前走兵庫JG後から再入厩までの期間、アースリヴィングのコンディションを整えて下さったSRSのスタッフの皆様の御尽力の賜物であると、本当にそう思います。アースリヴィングの適応能力には本当に頭が下がる思いですが、今回のレース、特に最後のもう一伸びは、こういった多くの方々の御尽力と想いが結実した、かけがえのない結晶の発露のように思いました。アースリヴィングは次走、UAEオークスに挑戦します。今回は素晴らしいレースを見せてくれた同馬ですが、次の晴れ舞台でも、この誇るべきチームでガッチリとスクラムを組んで頂いて、更なる極みを目指して頑張って欲しいです。


ちなみに今回の遠征においては

(株)トラベルホスト Nさん
GFスタッフ Kさん

の御二方が、微細な部分に至るまで全面的にバックアップして下さいました。たいくうんさんは魯鈍ゆえ、この御二方のフォローがなければ、今回のドバイ現地応援は到底叶わなかったと思います。このような場で恐縮ですが、改めて御礼申し上げます。本当に有り難うございました。御二方には後日、たいくうんさんのマル秘ヌード画像でも進呈させて頂くつもりです。

あ、現地では河野代表をはじめ、合田さんや須田さんや小笠先生や田中レーシングマネージャーや瀬口社長ナドナド、物凄い面々がいらっしゃいましたが、こんな非モテニート予備軍なたいくうんさんにも、皆さん本当に優しく御声を掛けて下さいました。アースリヴィングの好走も素晴らしい想い出ですが、こういった皆様に御声を掛けて頂いたのも、僕にとってはかけがえのない大切な想い出になります。皆さん本当に有り難うございました。


とりあえず今日の日記はこれにておしまい。次回更新はいつになるか判りませんが(なるべく早めにやります)、競馬以外の部分でのドバイ遠征について記してみたいと思います、ハイ。
posted by たいくうん at 20:58| ☔| Comment(34) | アースリヴィング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月04日

それじゃみんな、行ってきます!!

さて、アースリヴィングの発走(日本時間…金曜24:10)も、いよいよ目前へと迫ってきました=たいくうんさんの出陣も、いよいよ目前へと迫ってきました。

とりあえず、ひととおり出発準備の方は完了しました。今回の海外遠征の為に購入したアイテム(衣装系とかではナイ)も先程ちゃんとカバンに入れました。あとは明日1日無事に仕事をこなして、ソッコーで羽田から関空行って、何とか税関と出国審査をパスさえできれば、熱砂の異国の地はスグそこです。


…でもホント、正直言って今回のドバイ遠征、企画当初は、よもや実現に至るとは夢想だにしておりませんでした。この段階に辿り着くまでには、(この日記ブログを中心に)多くの方々にアドバイスを頂戴し、激励して頂き、そしてチキンハートなたいくうんさんの背中を押して頂いたのが、大変大きな原動力になったと思います。皆さんの御蔭で明日、たいくうんさんはドバイ遠征が叶います。この日記ブログに書き込みを下さった皆様、メールでアドバイスを下さった皆様には、本当に感謝のキモチでいっぱいです。まだ遠征前で時期尚早ではありますが、この場を借りて御礼を申し上げます。本当に有り難うございます。

魯鈍かつ愚鈍な輩ゆえ、ホントにナドアルシバ競馬場まで辿り着けるかどーか、未だフアーン(特に現地ドバイでの入国審査とかチョー不安)ではありますが、何とか頑張って現地まで行って、そしてアースリヴィングに精一杯声援を送ってあげたいと思っております。

ちなみに、いつもの国内遠征ですと、遠征先からケータイで皆さんの書き込みをチェックしたりするのですが、(明日は仕事忙しくなりそうですし、ヒコーキ内は携帯禁止なので)次にたいくうんさんがこのブログを覗くのは、帰国後になると思います。もし叶う事なら、たいくうんさんが無事現地に辿り着けて、アースリヴィングと僕にシアワセが訪れるよう、祈ってやって頂ければ重畳の極みこの上ありません。いつもこのブログに書き込んで下さる皆様も、たまにチェックするけど書き込みは御無沙汰な皆様も、普段はROM専の皆様も、エロ広告やFXの宣伝書込が担当の業者さんも、是非是非激励のコメントとかを頂戴できればホントの本当にウレシイです。皆さんの想いや書き込みは、きっとアースリヴィングに力を与えてくれる……メールヒェンちっくな発想ではありますが、本当にそんな風に思います。もし気が向いたりしたら、どうか皆様、是非是非何卒宜しくお願いいたします。

…あ、次にたいくうんさんが日本の土を踏むのは、土曜の夜6時頃、地元に帰還するのは同日深夜(もしかしたら日付変わるかも)ぐらいになると思います。何から何まで全てが初物尽くし故、混乱の連続かもしれませんが、たいくうんさんなりに一生懸命頑張って奮闘を果たしてきます。それまでしばしのお別れです。



それじゃみんな、行ってきます!!
posted by たいくうん at 20:45| ☔| Comment(58) | アースリヴィング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月02日

マズマズ順調

…さて、そんな訳でたいくうんさん、10日も日記をサボってしまいました。ここ最近は、ドバイ遠征絡みの現在進行形ネタを記していたにも関わらず、プッツリとブログ更新が途絶えてしまったので

「やっぱりたいくうんさんはチキンハートだから、直前になって海外遠征ブルってキャンセルしちゃったんですか?」

といった大変にステキな侮辱メールを頂戴したりした(しかも複数のヒトから)のですが、まーとりあえず少しずつ少しずつ準備は進めております。

あ、懸案のドバイ行きのチケットですが、コチラは1月末に無事届きました。でもチケットって言っても、A4サイズの紙に何かイロイロと書いてあるだけで、僕が想像するチケット(何かチョット厚めの横長の紙)とはカナリ趣が異なるので、少々不安です。まぁ多分、この紙を受付に持っていけば、厚紙で横長なチケットと交換してくれるとは思うのですが、もし万が一

「アイヤー、この紙は偽物アルよ。こんな紙ッ切れじゃ飛行機乗せられないアルよ」

とか言われちゃったら、ホント頭が真っ白になっちゃいそうです(それ以前に何で受付の人が中国人なんだよ)。…もしくはですね

「こんな紙切れ1枚じゃ、この飛行機しか乗せられないアル」

とか言われて、こんな飛行機(↓)に案内されちゃったりしても、たいくうんさん相当テンパってしまいそうです。




【何かナウシカとかに出てきそうなイメージ】
35182822c7b0764fce4c2cf1c67b4284.jpg




上記の飛行機、日本では1台だか2台しかナイ貴重な機体らしいですが、僕にはどう見ても鳥人間コンテストとかで「記録:3m」とか叩き出しちゃうパターンの機体にしか見えません。


ま、ソレはさておき、アースリヴィングの方は(公式HPの近況レポートによると)何とか徐々に軌道に乗ってきているみたいです。あ、そう言えば、公式HPの方にリンクが貼ってあった

『Team Japan Keiba』

というサイトに、アースリヴィングの画像やら動画やらがあって少々ウレシかったです。…で、今日は特別にですね、ソチラのサイトに掲載されていたアースリヴィング画像を無断転載しちゃいましょう!!







【大変順調に調整を重ねるアースリヴィング号】
20081028warota16.jpg




あ、貼り付ける画像間違っちゃった…。まーネタはさておき、何とかこのまま無事に順調に調整を重ねてもらって、UAE1000ギニー当日は、持てる能力を全て発揮できるよう、切に願うばかりです。そしてたいくうんさんもここ数日何だか忙しいので、無事に順調に仕事をやっつけて、当日はちゃんとドバイに行けるよう切に願うばかりです。やーでもホント、(イロイロな意味で)巧く歯車が噛み合えばイイなぁ…。
posted by たいくうん at 22:37| ☔| Comment(16) | アースリヴィング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月18日

苦悩

今日はチョー珍しく日曜休日でした。でもそぉいう時に限って、出資馬の出走はナシ。まー人生そぉいうモンでしょうかね?


さて、ここ最近のたいくうんさんが延々と思案しているのが、件の

「アースリヴィングのUAE1000ギニー、ホントに観に行くの?」

というコトなんですが、とりあえず一昨日クラブに電話してみました。…で、その結果ですね、遂にドバイ行きの件を正式に申し込んでしまいましたよ!!

先日の日記にも記しましたが、たいくうんさんはコレが生涯初の海外旅行です。更に行きの道中はガチで独りぼっちです。更に更に語学力も全くのゼロです。更に更に更に(しつこい)行き先は色々とムズカシイお国柄の所が多い中東です。一昨年ぐらいまでは

「ドバイの治安は世界一」

なんて謳われていたようですが、ここ半年の経済情勢の悪化で、一気に治安面の雲行きも怪しくなりつつあるようです(丁度ニュースで言ってた)。…不安です。たいくうんさん豪く不安です。一昨日の電話でクラブスタッフの方に

「じゃあUAE1000ギニー、僕も行かせて頂く方向でお願いします…」

って申し伝えた際、既にたいくうんさん確実に声が震えておりましたよ。あーもーホントにダイジョブなんでしょうか?ダイジョブなんでしょうか? もーたいくうんさん不安で不安で、現在苦悩のド真ん中を大驀進中です。




【ドバイ行きが不安で苦悩するたいくうん氏(32歳・ニート)】
KazatoImage1.jpg




何はさておき、正式に申し込んでしまったからには、更にドンドンと動いていかなければなりません。旅程が旅程(0泊3日)だけに、格安チケットを模索する途はバッサリと切り捨てて(格安チケットは大抵宿泊数とかの付帯条件がある為)、クラブから紹介して頂いた旅行会社(30年以上ドバイツアーの実績があるらしい)に電話してみました。で、行きの便(羽田→関空→ドバイ)は大体ハナシがまとまったんですが、帰りの便は

「あー、この日はエミレーツ便の空席状況厳しいんですよ」

とのコトでした。うおお、マジデスカ!!!!!




【度重なる不安と苦悩で遂にダウンのたいくうん氏(32歳・ニート)】
jopukpmhuhhdkugl_m.jpg




あ、でもですね、ドバイ→関空まではダイジョブらしい(関空→羽田がダメらしい)ので、とりあえず(無事ならば)日本の土を再び踏む所まではイケそうです。関空→羽田間も、多分キャンセルが多少は出るだろうから、大丈夫なんじゃないか? との事でした。

で、折角なんで、旅行会社のヒトにイロイロ質問しようかと思ったのですが、質問の元となる基礎知識が絶対的に不足している為、何を質問していいのかすらワカラナイ(=ワカラナイ所がワカラナイ)といった趣でした(たいくうんさんダメ過ぎです)。とりあえずドバイの空港からナドアルシバ競馬場までの交通手段(タクシー)について聞いてみたところ

「向こうのタクシーは日本と比べて、非常にリーズナブルなんですよ。大体所要時間は30分程度で、100ディルハムぐらいです」

って大変親切丁寧に教えて下さったのですが、たいくうんさんは『ディルハム』っていうのが通貨の単位ってのを知らなかったので、何だか訳が判らず混乱しながら相づちを打っておりました(ダメじゃん)。ワカラナイならワカラナイなりに聞けばいいんでしょうが、もし

「スミマセン、ディルハムって何ですか?」

という質問の回答が




617fce9e08c640a21a6c999ed340120b.jpg




だったりしたら、たいくうんさん本当に立ち直れなくなっちゃう故、思い切って聞く事ができませんでしたよ。…ううむ、聞くは一時の恥。聞かぬは一生の恥。たいくうんさんは生涯全て恥(何じゃそりゃ?)。



でもまぁそんなこんななカンジで現在奮闘中ですが、全く努力もせずにあーだこーだ言ってても仕方がナイので、とりあえずさっき本屋さんに行ってコレ(↓)買ってきましたよ。



【これでアナタも中東マイスター】
20090118193014.jpg



とにかく何とか無事に生きて帰ってこられる程度には勉強したいです。……でもそれにしてもホント、何だか最近のたいくうんさんは結構ムチャなコトしていますよね。この日記を御覧になって下さっている皆様は、一体どんな風にお感じになられているんでしょうか? きっと心優しい皆様の事ですから、僕に対してこんな気持ち(↓)を抱いて下さっている事と思います。







617fce9e08c640a21a6c999ed340120b.jpg




えええっ、そうなの!!??
posted by たいくうん at 19:46| ☔| Comment(36) | アースリヴィング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月14日

発給されたどー!!

忘・新年会シーズンも、よぉやく一段落といった趣ですが、皆様御身体(特に肝臓)の具合はいかがでしょうか? たいくうんさんの場合、アルコールは人並に強いので、カラダの方はまーダイジョブなんですが、先日行った某大衆居酒屋にて、このメニュー(↓)を食べる事ができなかったのが、ヒジョーに心残りです。




【腐女子も大喜びな鍋メニュー】
20080531123834.jpg




…いやはや店員さん、確固たる意思と深慮遠謀を以ってシール貼る位置狙ってますよね、コレ…。


さて、UAE1000ギニー出走へ向け、着々と準備を進めているアースリヴィングですが、今のところ順調な模様です。以下、公式HPより転載。

「1月14日、小笠調教師から「馬の調整もとても順調にきていますので、予定通り明日(15日)栗東TCの検疫馬房に移動し21日のフライトでUAEに入る予定です。レースは2月6日のUAE1000ギニー(ダ1600m)と26日のUAEオークス(ダ1800m)に出走の予定です。UAE1000ギニーはルメール騎手にお願いしてあります」とのこと。JRAの番組では、ダートがほとんど組まれていないことやデビューからコンビを組むルメール騎手からも馬の素質とダート適正を高く評価してもらっていることもあり調教師と相談し挑戦することになった」

うむうむ、重畳至極。で、たいくうんさんの方もですね、(相変わらずヒコーキのチケットは未だ入手できていませんが)海外遠征に必要なアレ、ついにゲットしてきましたよ!!




【これでボクチソも国際派】
20090114175042.jpg




周囲のヒトタチからは

「たいくうんじゃパスポート発給されないんじゃねぇの?」

等と散々言われていたので、もしホントにパスポート発給されなかったら、たいくうんさん、パスポートセンターの玄関にて

抗議の全裸座り込み

を敢行しようと思っていただけに、ちゃんとパスポート発給されて、ウレシイ気持ち半分・ザンネンな気持ち半分といったカンジです(半分残念なのかよ)。

ちなみにパスポートは昨日貰ってきました。前もって海外旅行経験アリの御方から

「パスポートってね、初めて貰う時は、本人確認の意味も含めて、本籍地とか身内の親族の事とか聞かれるよ」

って伺っていたので、もし受付のおねーさんに

「1559年、北条幻庵が記した『幻庵おほえ書』の37頁目の内容を200字以内で仰って下さい」

とか言われちゃったらホントどーしよーかと思っちゃったりもしたんですが、大したコト聞かれなかったんで、ホントにヨカッタです。


やーでもホント、まずは海外遠征へ向けての(たいくうんさん自身の)第1のハードルクリアといったカンジです。アースリヴィングもたいくうんさんも、何とか無事に大舞台を迎えられるよう、何とか次のハードルを着実に乗り越えていきたいです、うん。
posted by たいくうん at 19:31| ☔| Comment(20) | アースリヴィング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月07日

進捗状況

今日は珍しく早めに仕事が終わったので、たいくうんさんルンルン気分(明らかに死語です)で、愛車に乗り込んだのですが、何気なく助手席側の窓を開いたら、何の前触れもなくパワーウインドウが故障してしまいました。

…窓が閉まった状態ではなく、全開の状態で故障するあたりが、まさしくたいくうんクオリティといった所でしょうか? とりあえず仕方ナイので、現在は助手席側の窓を全開のまま放置しております。今週いっぱいは仕事がバタバタしているので、来週早々にでもディーラーにクルマを持っていくつもりですが、もしそれまでの間に雨でも降っちゃったら、たいくうんさん確実に死亡ですな。ううむ…。

さて、年末の日記にも記したアースリヴィングの海外遠征の件ですが、たいくうんさんの遠征計画の方も、徐々に進行しつつあります。パスポートは現在申請中ですが、昨日はパスポートの次に大事なモノを購入してきましたよ。




【たいくうんさん、このスコップで原油を掘り当てるゼ☆】
6_syaberu.jpg




…うんうん、やはり中東といえば原油ですよ奥さん(誰が奥さんだよ)。たいくうんさんこのスコップでね、クウェートのブルガン油田並の、チョー大油田掘り当てちゃって、一握千金狙っちゃいますよ!! あ、でもホントはスコップだけじゃなくて、こんなスーパーウェポン(↓)の購入も検討したんですが、意外に値段が高かったのでヤメました。




【ぼうやの笑顔がステキ過ぎ】
4962603004679.jpg




まーそれはさておき、スコップの次に重要となるのがヒコーキのチケットな訳なんですが(スコップの方が優先順位上なのかよ)、実はコレがまだ手配できておりません。

…その昔、かの天下人・徳川家康は、松尾山に布陣する小早川秀秋を

「阿呆は阿呆なりに、諸処知恵を巡らせているのであろう」

と評したらしいですが、今回、たいくうんさんはたいくうんさんなりに、諸処知恵を巡らせてみたんですよ。ホラ、こんなカンジで。(↓)



【パンフいっぱい夢いっぱい】
20090107195003.jpg



で、その結果判った事。

0泊3日と1泊4日を比較すると、航空料金が倍近く違う

何でこんなに違うんでしょう何でこんなに違うんでしょう? たいくうんさんの場合、(勤務の都合上)2/5の深夜出発→2/7夕方帰国の0泊3日の弾丸ツアーしか途がナイのに、1泊4日の旅程と比べると、航空運賃が倍近く高い(約10万差)です。何かもぉエミレーツ航空は、たいくうんさんに宣戦布告してるんじゃないかといった趣すらあります。そりゃもぉね、松尾山に向けて発砲した家康の気持ちも理解できようってモンですよ!!(たいくうんさん言ってる事がムチャクチャです)

まぁたいくうんさんにとっては、これが生涯最初で最後の海外遠征でしょうから、この程度の金額でガタガタ言うべきではナイのでしょうケド、もし万が一ここでアースリヴィングが上位に好走してくれたら

「UAE1000ギニー → UAEオークス」

なんていう黄金のローテーションで、たいくうんさんドバイ再遠征なんてコトも夢想している故、遠征費用が抑えられるモノであれば、まぁ抑えておくに越した事はナイと思います。そんな訳で現在

2/4深夜出発 → 2/7夕方帰国

の旅程(1泊4日)が可能かどうか、勤務スケジュールを模索しております。んー、でも3連休取るのって結構キビシイかなぁ…?



【1/7現在・ドバイ遠征へ向けての進捗状況】
スコップ…有
パスポート…無
飛行機チケット…無
クレジットカード…無



ホントにこんな調子でドバイ行けるんか!?
posted by たいくうん at 21:20| ☀| Comment(28) | アースリヴィング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月23日

コレがなけりゃ始まんない

アースリヴィングの海外遠征決定後、様々な方々から、ブログへの温かいコメントやらメールやら直接御電話やらを頂戴しました。…いやはやいやはや、想像以上の反響の大きさから

「これが海外遠征の重みというか、価値なんだなぁ…」

と改めて実感した次第です。ホント、こういった希有な経験をさせてくれるアースリヴィングには、本当に感謝カンシャです。


で、先日の日記にも記したとおり、この希有な体験を最大限満喫すべく、願わくば現地(ドバイ)へ馳せ参じたいと思っているのですが、国内遠征でもヒィヒィ言っているたいくうんさんにとって、(自分自身の)海外遠征というのは極めて高く険しいハードルです。


ちなみにたいくうんさん、これまで32年間生きてきて、海外へ行った経験というのは全くのゼロ+語学力も全くのゼロです。…もぉこの時点でカナリ危険な雰囲気が満載です。初の海外旅行が独り旅行、しかも旅行先が中東って、考えの浅さにも程があるといったカンジです。たいくうんさん、そんなにナド・アルシバへ行きたいのなら、オマエはせいぜいコッチでも観に行ってろといったカンジでしょうか?


今回の遠征を敢行するにあたっての一番の障壁となるであろう

「まとめて数日間連休を取得できるのか?」

という点は未だ極めて不透明(というかカナリ厳しい?)なのですが、とりあえず遠征に際してゼッタイに必要なモノがあるので、昨日はソレを申請しに行ってきました。



【コレがなけりゃ始まんない】
パスポート.jpg



実際に僕自身が海外遠征できるかどーかはさておき、休暇以前に、遠征費用以前に、遠征する意思以前に、まずはコレがなけりゃ始まりません。…あ、ちなみに僕、

『旅券』

って「ツアーのチケット」とか「ヒコーキのキップ」の事だとばかり思っていたのですが

『旅券=パスポート』

だったんですね…。あ、あと僕、「パスポート」と「ビザ」を同一のモノだとばかり思い込んでいたので、ドバイの観光協会みたいなサイトで

「アラブ首長国連邦(UAE)は日本人に対し、2006年から滞在期間が30日以内の場合、事前にビザを取得しなくても入国を許可しております」

という案内文を読んで

「あー、じゃあもし今度ナドアルシバ遠征するとしても、パスポート取らなくてイイんだー」

とか素で思ってしまいました。んー危ないアブナイ…。いやはやホント、こんなんで本当に海外遠征できるんですかねー? 休み取れるかどうかも不安ですが、ソッチの意味でも激しく不安です。ううむ…。
posted by たいくうん at 20:05| ☔| Comment(17) | アースリヴィング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月16日

私をドバイに連れてって!!

今日は特にネタもナイので

「早めにメールチェックしてメシ喰ってフロ入って寝よう」

とか思っていたのですが、何気なくGFの公式HP覗いてみたら、物凄くブッ飛ぶ内容が記されておりましたよ。滅多にあるコトじゃないですから、今日はそのまま公式コメントを転載してみましょう。


「12月16日、小笠調教師より「昨日、瀬口トレセンにて馬の状態を確認してきましたが疲れも見せずに元気いっぱいでした。馬もここにきて成長してきているので次のパフォーマンスが楽しみです。ダート競馬がほとんど組まれていないので調整が進めば年末か年明けすぐに入厩させて、2月6日にドバイで行われる、UAE1000ギニーに出走させたいと思います。また日本から同時期に一緒に遠征する馬もいると聞いていますので調整もしやすいと思います。また、鞍上についてもルメール騎手のスケジュールが調整できればお願いしたいと思っています」との連絡が入った」


うおぉぉぉぉ、ドバイキタ━━━(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(゚  )━(∀゚ )━(゚∀゚)━━━!!!! …以前、カゼのウワサで

「アースリヴィング、ドバイに登録しているみたいよ」

ってハナシは聞いていたんですが、ここに至って夢の第一歩へと大きく舵を切ったみたいです。海外遠征と言うと、大きな夢やロマンがあると同時に、多大なリスクをも内包しているので、この件については賛否両論様々な見解がある事とは思いますが、僕の場合今回の決定には大賛成派です。

一口馬主という趣味は、「夢」の部分に軸足を置くか、「実利」の部分に軸足を置くか、人それぞれに様々なスタンスがあると思うのですが、僕の(狭量な)価値観からすると、今回の決定には生涯を以ってしてもナカナカに得難いであろう甘美な魅力があり、既に僕はその魅力の虜になってしまっております。

海外遠征というのは、甘美さと苛烈さが表裏一体となっている一大事業である事は重々承知しているつもりです。アースリヴィングに待ち受ける道程は過酷な試練の連続でしょうし、もしかしたら今回の遠征が大失敗に終わってしまう可能性も充分にありえると思います。しかしながら、僕は今回の果敢な挑戦を大いに支持したいと思います。

とりあえず、近々パスポートを取りに行くつもりです。仕事の都合上、休みを取れるかどうか判らないのですが、もし連続して数日間の休暇取得が叶ったら、是非現地へ行きたいと思います。…あ、渡航費用に関しては別段いくらになっても構いません。こことか見たんですが、イマイチよく判りません。実際往復のヒコーキ代とホテル代でどれぐらいになるんでしょうね? でも出資馬の海外遠征なんて、たいくうんさんの人生において、生涯最初で最後になるかもしれませんので、この際カネに糸目は付けない所存です。

唯一にして最大の問題が

「ホントに仕事休めるかどーか?」

という点ですが

ドバイ行く→ナド・アルシバで応援する→即行トンボ帰り

というカンジですと、実際何日休み取ればイイんでしょうかね? まぁとりあえず色々少しずつ考えてみたいと思います。

…何はさておきアースリヴィング、まずは無事に順調に海外遠征の目標を達成すべく、一歩一歩着実に課題をこなしていって欲しいです。ホント、頑張れ!!
posted by たいくうん at 21:46| ☔| Comment(24) | アースリヴィング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月28日

戦い終えて、日が暮れて(副題:入口ホルモン)

という訳で、昨日は兵庫ジュニアグランプリ観戦の為、はるばる兵庫県の尼崎市まで行ってきました。…まー現地の状況やら所感やら何やらについては、ほぼ昨日の日記にて述べ尽くしてしまいましたが、レース後1日経過した段階に至って気付いた事や、感じた事をボチボチ書いてみます。



【スーニ強かった】
いやはや本当に強かったです。家帰って園田競馬の公式HPのVTR観てみましたが、アレは多分10回レースやったとしても、10回とも同じ結果だった(スーニには敵わない)よーな気がします。やーでもホント、スーニにはドンドンドンドン出世してもらって、海外の舞台を主戦場にしちゃって欲しいです。…海外の大レースはスーニにお任せしますので、国内はアースリヴィングに任せて下さい(苦笑)。



【全日本2歳優駿は出れない?】
昨日のレース終わった直後は

「あー、次は川崎の全日本2歳優駿とかも視野に入れるのかなー?」

等とボンヤリ考えていたのですが、今回アースリヴィングが頑張って咥えてきてくれた万札の枚数を数えてみると、どぉやら500万特別を勝った場合の賞金よりは、万札の枚数が少ないみたいです。…となると、現在500万特別で優勝を果たしていて

「次走は全日本2歳優駿を使いたい」

と表明しているウマが複数頭いるみたいですから、状況的に川崎出走はムズカしそうです。しかもこの全日本2歳優駿の場合、既にルメールさんには先約がある(ラインオブナイト)ので、そういった点からも、次走は年明けのレースになるんでしょうかね?



【イロイロ判った事】
今回、アースリヴィングには様々な課題が課せられていましたが、それらについては一応の回答がなされたと思います。まずは懸案だった長距離輸送ですが、大幅に体が減る事も無く(前走が若干余裕残しだったので、これぐらいが適正体重?)、無難にこなしてくれました。レース前は

「ブリュンヒルトみたいに輸送がチョー苦手な馬だったらどぉしよう?」

とか思っていましたが、この分なら今後も交流重賞等に使う事が叶いそうです。そして交流重賞といえば小回りコースが付き物ですが、昨日は最初のコーナーでビュンと外に膨れはしましたが、アレ自体は競争結果に深刻な影響を及ぼすモノではないと思っております。むしろ、その他のコーナーは無難にこなしてくれたので、収穫の部分の方が大きかったように感じました。



【アースリヴィングの実力】
昨日は本当に頑張ってくれたアースリヴィングですが、実は僕、未だにこの馬の能力を測りかねています……というか、現在でも半信半疑なカンジです。今回のレース、勝ったスーニは間違いなくダートでトップクラスの馬ですが、3着のナリタカービンを物差しに考えると、実はこのレースってレベルがそれほど高くなかったのかなぁ? とも思うんですよ。昨日のナリタカービンは、パドックとか全くワカラナイ僕が見ても明らかに

「このウマ、ダイジョブなの?」

って感じちゃうぐらい、おとなしい(というかグッタリな)カンジでした。馬体重はマイナス17キロで、何よりも強烈なインパクトを受けたのが、フツーはパドックって厩務員さんとウマが並んで歩いていると思うんですが、昨日のナリタカービンは厩務員さんが前を歩って、その後ろをナリタカービンがトボトボ曳かれて歩いているような感じだったんです。しかもナリタカービンを引っ張る厩務員さん、片手でしか曳き綱持ってませんでした(苦笑)。昨日のナリタカービンのパドックを見てたら、この動画を思い出してしまったぐらいです。…まぁ元々、性格的におとなしいウマなのかもしれませんが、馬体重の面から推察しても、昨日のナリタカービンは本調子からは程遠い状態だったのではないでしょうか? …で、昨日の兵庫ジュニアグランプリは、そのナリタカービンが3着。しかもスタートで大きく出遅れた上での結果でした。このナリタカービンの状態と着順から察するに、今年の兵庫ジュニアグランプリは、(勝ったスーニを除いて)レース全体のレベルとしては、例年よりも低かったのかなぁ? という邪推を禁じえません。今回賞金を上積みしたので、今後アースリヴィングはオープンクラスでのレースが続いていく訳ですが、果たしてオープンの強豪相手でもやっていけるのかどうか……正直言って、期待3割不安7割といった心境です。んーこれからも頑張って欲しいけど、実際どうなのかなぁ?



せっかく昨日はアースリヴィングが一生懸命頑張ってくれたのに、何かネガティヴなコトばっかり書いちゃってアレなんですが、それでもホントこれからも無事に順調に精一杯頑張って欲しいと思っております。次走がどのレースになるのか判りませんが、また是非是非現地応援に行きたいなぁ…。夢の重賞制覇目指して、これからもアースリヴィング頑張れー!!





【おまけ】
昨日のお昼頃には、(鈍痛はだいぶ残ってましたが)たいくうんさんのオナカもソコソコ落ち着いてきたので、園田競馬場での名高き名物である

『入口ホルモン』

を買ってみました。…数々の逸話がある(らしい)この食べ物ですが、端的にウワサをまとめると

・何の肉が使われているのか、今もって不明
・臭いがガチヤバイ
・実は最近まで無許可営業だった

というシロモノ。詳しくはこちらのサイト(記事中段)でも紹介されていますが、買う機会(来る機会)も滅多にないでしょうから、まずはどんなモンか試してみました。…本当は同じく園田名物の

『たこ天』

というのにチャレンジしたかった(コレは本当に美味しいらしい)のですが、何かネット上の口コミによると

「油が結構キツイ」

との事だったので、たいくうんさんの病み上がりのオナカ事情を考慮し、『たこ天』にチャレンジするのは自重した次第です。…じゃあ早速、『入口ホルモン』イッてみましょう!!





【コレが伝説のブツ】
20081127135901.jpg





タレの味と匂いは良いカンジだったのですが、ホルモンそのものの臭いは……………まーアレなカンジでしたよ(どんなカンジなんだよ?)。で、肝心の味の方は

「喰えなくもナイが、好んで喰いたくもナイ」

といったカンジでした。でも熱烈なファンによると、このチープさ加減がサイコーらしいです。とりあえず2本買ってみたのですが、たいくうんさん1本食べただけで、飽きてゲンナリした充分満腹感を得られました。食後の感想としては、こんな事なら『たこ天』にしておけば良かった園田ならではの名物を食べられて良かったと思いました。

でも初の園田競馬場、地方競馬の「らしさ」が随所に感じられる競馬場で、ホント面白かったです!!
posted by たいくうん at 19:57| ☔| Comment(4) | アースリヴィング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月27日

園田競馬見学メモ帳

今日の帰宅は深夜(場合によっては日付変わっちゃう)となりそうですので、本日の日記は、園田競馬場の道中の出来事や所感を、コチラでリアルタイムに連々と書き連ねていきたいと思います。

さて今日はどんな1日になるんだろーなー?
posted by たいくうん at 07:45| ☔| Comment(52) | アースリヴィング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月26日

オナカが痛い(副題:みんな頑張れ!!)

毎日日記更新26日目。

日々色んな日記を記して、その時々の己が近況を述べさせて頂いておりますが、現在のたいくうんさんの状況はですね、正真正銘ガチに今日の日記タイトルそのものなカンジです。

腹痛を発症する原因について、思い当たるフシがナイ訳ではないのですが、実際それに言及しちゃったら、たいくうんさん、人間として負けのような気がするので、ソコは敢えてスルーしたいと思います。…いや、でもマジで死にそうなぐらいヤバイよ、この豪快な腹痛。今現在、全然暑くない(むしろ寒気がする)のに、発汗(脂汗?)が物凄いです。…とりあえずたいくうんさん、3ヶ月はキノコ喰えねぇ…。

そんなこんなな状況の中、今日も仕事に精を出していたのですが、そしたらお昼過ぎにケータイが鳴ったんですよ。

「何の電話かなー?」

と思って出てみたら、明日の兵庫JGの口取りの件についてでした。で、(激しい腹痛に耐えながらも)GFのEさんと集合場所等についてイロイロお話しさせて頂いたのですが、腹痛で明日ホントに園田競馬場行けるかどうか不安になっちゃったので、思わず

「競馬場とかウィナーズサークルで●●●●●●●●大丈夫でしょうか?」

って質問しちゃいそうになっちゃいました。…まー大丈夫な訳ナイんですが、まー大丈夫な訳ナイんですが(くどい)、ホント思わずそんな事を質問しちゃいそーになっちゃうぐらい、現在オナカの中の状況は修羅場を迎えております。こんなんで本当に明日ダイジョブなのか?


まぁそんな真性のアホ出資者の事はさておき、いよいよ明日はアースリヴィングの晴れ舞台、兵庫ジュニアグランプリの開催日です。メンバーもナカナカの顔ぶれが揃いました。

大本命馬スーニは勿論のこと、中央の一流馬に全く引けをとらないであろうモエレエキスパートも相当な能力の持ち主ですし、中央から参戦の1勝馬2頭(メイショウローツェ・ナリタカービン)もキャリアは充分なので、(2歳戦だけに)このアドバンテージは大きいと思います。特に後者(ナリタカービン)は、出走優先順位が補欠4番手だったにも関わらず、登録の段階から角田騎手を押さえて、兵庫JGでの起用を明言していましたし、何かこのレースに対する気合が感じられます。

でもホント2歳戦とはいえ、れっきとしたGIIレースなだけに、右を見ても左を見ても一筋縄では行かないメンバーが揃ったカンジです。アースリヴィングはキャリアが浅いだけに、自身が克服しなければならない課題も多いですから、正直このメンバー相手で太刀打ちできるイメージが湧いてこないのですが、明日は僕にとっても久々の重賞挑戦です。鞍上のルメールさんと共に最大限の力を発揮してもらって、悔いのないレースを披露してもらえれば…と夢想しております。

明日はホント、アースリヴィングも、ルメールさんも、小笠先生をはじめとした関係者の方々も、皆が精一杯頑張って欲しいと思います。そしてついでに僕のオナカも頑張ってもらって、たいくうんさんが人間としての尊厳を保てるよう、心より願うばかりです。みんなみんな明日は頑張れー!!
posted by たいくうん at 19:13| ☔| Comment(17) | アースリヴィング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月22日

ハロハロナリヤンス兵庫JG

毎日日記更新22日目。お、今日はゾロ目ですな。

今日から世間様は3連休らしいですね。そして競馬開催も3日連続あるらしいですね(昨日知った)。ううむ、何やら愉しげな週末ですが、たいくうんさんは3日間とも仕事です。…何かここ最近しばらく休みナシのような気もしますが、まぁ気のせいだと思って頑張りましょうかね? 27日に園田(兵庫JG)、30日に新宿(ヒルトン東京)行く為にも、ココは何とか踏ん張っていきましょう。

さて、来週の25日は『たいくうんの何チャレ!!』の最終回なので、何をやろうか現在アタマを悩ませております。当初はこの踊りをマスターして、動画で公開でもしようかな? と思ったのですが、知人から借りてきたデジタルビデオカメラで録画して、早速再生してみたところ、たいくうんさんの予想以上に生々しい映像になってしまっていたので、ソッコーで消去しました。…折角、張り切って緑のジャージも買ってきたのに、勿体無かったなぁ…。 あ、でも実際

『ハロハロナリヤンス音頭』

知ってるヒトってどれぐらいいらっしゃるんでしょうね? ウチのHPにお越し下さる方々ですと、あ〜るさんとかMeadさんあたりがギリで御存知かどーか…ぐらいな認知度でしょうか? でもホント、別名

「ニートの歌」

と呼ばれるだけあって、歌詞を改めてジックリ聴くと、ナカナカに泣けるものがありますな。…あ、とりあえずその後イロイロ思案した結果、『たいくうんの何チャレ!!』最終回にやる事は大体決まりました。最近ハードワーク気味の仕事同様、まぁコチラも(死なない程度に)ボチボチ頑張っていきましょう。


そういえば27日の兵庫JG、有力馬に色々な動きがあったみたいですね。一昨日はこの馬が正式に回避を表明したと思ったら、昨日はこの馬がヨソに売られちゃったみたいです。でもブランド的に

「馬主:中村和夫」

となっているよりも

「馬主:ビッグレッドファーム」

となっている方が(ごく個人的には)脅威に感じるだけに、今回のトレードは少々イヤンなカンジです。とは言え、今回のレースは、あくまでスーニが絶対的な主役っぽい雰囲気ですよね。でも園田競馬の公式HPではアースリヴィングもちょこっとだけ紹介されていましたよ。

…うんうん、大スポの瀬藤クンは、ナカナカ見所のあるトラックマンじゃあないか。たいくうんさん、これから彼の事を少しヒイキしてやろうかね?(たいくうんさん態度デカ過ぎです)。

まーでも(キャリアが僅か1戦のみのアースリヴィングにとっては)相手関係が云々と言うよりも、自分の力を出し切れるのかどうかというのが、最大の焦点になってくると思います。2歳の若駒、しかも牝馬、加えて初の長距離輸送ナドナド、文字どおり問題は山積していますが、小笠先生の手腕、そしてアースリヴィングが自らの内なる課題を何とか頑張って克服してくれる事を、ささやかに期待したいと思います。

何はさておき本番まであと5日。アースリヴィングが無事に順調に晴れ舞台へと駒を進め、そして精一杯全力を出し切ってくれる事を心底より願うばかりです。
posted by たいくうん at 20:12| ☔| Comment(8) | アースリヴィング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月17日

繰り上がり

デビュー戦快勝後、今月27日の兵庫ジュニアグランプリ(GII)に登録していたアースリヴィングですが、補欠3番手の優先出走順位だった故

「あーこりゃ出走はキビシイだろうなー」

と感じ、此度の重賞出走の夢はキッパリ諦めていたのですが、何か園田競馬の公式サイトの情報によると、回避馬が複数出た事によって、繰り上がりで出走が叶うみたいです。…いやはやチョットビックリ。

実際、重賞出走に踏み切るのか、それとも自己条件戦で確勝を期すのかはまだ判りませんが、折角の晴れ舞台でお披露目する権利を、本当に思いがけぬ僥倖で手にした訳ですし、個人的には是非出走を果たして欲しいなぁ…と思っております。

でもまー今回は、超強力なウマ(スーニ)も同レースに出走する模様ですので、初の長距離輸送も含め、相当に厳しいレースとなる事は容易に想像できます。故に(相手関係やキャリアの浅さを考慮し)今回は自己条件戦に回るというのも、それはそれでアリのような気はします。

でも27日なら現地応援行けますし、出資馬が重賞競争に出走する雄姿を久々に観てみたいなぁ…。あ、ちなみに(もし兵庫JG出走の場合)鞍上は既にルメール騎手を確保済のようです。うんうん、これは重畳。

そういえば、フィフスペトルは未だに出走辞退していないってコトは、もしかして同馬は(朝日杯じゃなくて)ホントに兵庫JGに出走する可能性もあるのでしょうか? んー、明日加藤征ちゃんの家に行って、直接ハナシを聞いてこよう…(だからそのインチキ話はもぉマンネリです)。

あ、明日は第3回の『たいくうんの何チャレ!!』の日デスヨー!!
posted by たいくうん at 19:59| ☔| Comment(14) | アースリヴィング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月10日

ガッカリ…(副題:私を園田に連れてって!!)

毎日日記更新10日目。まだよぉやく3分の1か…。


さて、兵庫ジュニアグランプリ(園田・交流GII)も視野に入れていたアースリヴィングでしたが、昨日発表された出走予定表見てみると、優先順位は7番目みたいです。んー、上位4頭は2勝馬ですから仕方ありませんが、1勝馬のメイショウローツェよりは上の優先順位に来て欲しかったなぁ…。

ちなみに優先上位馬では、フィフスペトルはほぼ回避(多分芝レースに向かう?)ような気がしますし、メトロノースは(疲労度との兼ね合いで)出否五分五分のような気もするのですが、万が一この2頭が回避したとしても、アースリヴィングがこの晴れ舞台に立つには、あと1頭の回避が必要ですので、正直言って出走は絶望的かと思います。…今日の日記の副題は

『私を園田に連れてって!!』

ですが、実際のところその夢はもぉ諦めました。んー、兵庫JGの日なら、仕事休んで現地行けたのにぃー!! やーホントにザンネン。…ちなみに兵庫JG出られなかった場合の目標レースである、29日の自己条件戦は、今のところ現地行けるかどうか極めてビミョーなカンジです。返す返す、今回兵庫JG出られないのは残念ムネンです。ううむ…。

あ、明日は2回目となる

『たいくうんさん何でもチャレンジ企画(通称:たいくうんの何チャレ!!)』

の日です。アースリヴィングの残念ムネンさを吹き飛ばしちゃうぐらい、超ハイテンションで頑張ってみますので、どぉか皆様、御期待下さい!!
posted by たいくうん at 16:50| ☔| Comment(8) | アースリヴィング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする