2007年09月21日

ラストチャンス

いや、僕昔からね、ダイアモンドSとかステイヤーズSとか天皇賞(春)といった長距離レースを見る度に

「長距離レースってゴール前2周するけど、1周勘違いして最初の周回で全力疾走させちゃう騎手とかっていないのかなぁ? いないだろうなぁ…」

と思っていたのですが、2:10〜の先頭にいました。ガンガン追っちゃって、ムチまで入っちゃってるので、これはもー完全にやっちゃってますよね。いやスゴイですな。とりあえずこのジョッキーが誰だったのか、無性に知りたいです。御存知の方いらっしゃいますか? …あ、凄いと言えば、3:30〜の動画も違う意味で凄かったです。アレはやっぱり失格なのかなぁ?

さて、明日は札幌2Rの未勝利戦にジャルダンデフルーが出走します。正真正銘、崖っぷち人生(馬生?)に一縷の望みを繋ぐラストチャンスといった趣ですが、ここは是非何とか勝利をモノにして欲しいです。ちなみに鞍上は前走ジャルダンデを好走に導いてくれた池添騎手。助手さんとかは戦前から

「前走は相手に恵まれた」

とか言って弱気モードなようですが、ライバルになるであろうニットウエジョンとかは鞍上が藤岡長男さんなので、きっとパパの馬に道を譲ってくれる事と思います(ホントに?)。

まーとにかく、明日は池添さんに全権委任。ホント、頼んます。初勝利目指して頑張れー!!
posted by たいくうん at 19:39| 🌁| Comment(9) | ジャルダンデフルー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月23日

薄い

ハイ、表題のとおりです。って言っても、最近寂しげなたいくうんさんの頭髪部位の事ではアリマセン。明日の阪神5Rのジャルダンデフルーのシルシの付き具合の事です。…んー、何でこんなにシルシ付いてないんだ? 予定では、もっと丸っこいシルシが沢山沢山付いているハズだったのに、いくら目を凝らしてみても、ジャルダンデフルーの欄はキレイさっぱり真っ白けです。…ううむ、これはきっと米軍の陰…(そのネタは昨日やりました)。

ちなみに新聞は競友を買ってきました。競友には毎週、藤岡騎手のコーナーがあって、そこに当日騎乗馬の本人コメントが載ってるんですよ。

「きっと藤岡騎手、ジャルダンデの事褒めちぎってくれてるんだろーなー。ウフフ☆」

と思いながら、そのページを見てみたら、コーナーの冒頭から

「除外などで今日は4鞍の騎乗。あまり強く推せる馬はいませんが(後略)」

言いやがって仰っておりました。とりあえず競友はゴミ箱へ捨てました部屋の隅にある箱に保管して置きました。とりあえず藤岡騎手には、放射性物質ポロニウム210を注射してあげようと明日頑張れるよう激励してあげようと思っております。

やーでもホント、シルシの付き具合は寂しいカンジですが、血統だけなら出走馬中ダントツでナンバー1だと思いますので、良血の逆襲を期待したいと思っております。…んー、せめて掲示板ぐらいは何とかならないかなぁ…?(超弱気)
posted by たいくうん at 20:34| ☁| Comment(4) | ジャルダンデフルー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月31日

再び敢行?

今月のGF会報の岡部玲子さんのコラムで

「笠松で『岡部玲子笠松競馬初参戦記念』という協賛レースが開催された」

という記事がありましたが、協賛レースで公営ギャンブル史上最も衝撃を与えたのは、生中継中断まで招いてしまったこのレースだと思う。あ、若干音量を大きめにした方が、女性キャスターの奮闘振り(?)が判ると思いマス。

ちなみにこの後、だいこんおろしさんとこの女性キャスターは、めでたく御結婚なさったそうです(ウソはやめましょう)。ううむ、誰か僕にも笠松で

『たいくうんの彼女募集記念レース』

やって下さい(ホンキですか?)。


さて今日の本題。…そもそも僕はですね、一口馬主始めた当初は

「遠征ってカネも時間も掛かるし、レース自体はテレビとかでも観れるから、現地観戦は中山か東京ぐらいで精一杯だなぁ…。遠征2回行くカネあったら、その分で安めの馬1頭に出資キボンヌ」

とか考えとったんですよ。実際、今まで(中央競馬では)中山と東京以外は1度も行ったことがありませんでしたし、さほど遠征に興味もありませんでした。…ところが、ところがですね、昨年末に(日記ネタ作りの一環として)生涯初の遠征を敢行したら、見事初口取り達成…で、その勢いを駆って、先日2度目の遠征を実施したら、再び口取り達成…と、非常に有り難い僥倖に恵まれる事となりました。周囲の方々からも

「遠征口取り率100%」

とか

「遠征口取りの神サマ」

などとお褒めの言葉を頂戴してしまい、単純なたいくうんさんは

「オレが遠征すりゃ確実にウマ勝っちゃうんじゃね?」

ナドとヒジョーに自惚れてしまっている現状です。ううむ、困ったモンですな…。そんなこんななたいくうんさんですが、現在かなり調子に乗っちゃっている故、またまた遠征を画策している模様です。今回の標的(?)は、2月11日に京都にてデビュー予定のジャルダンデフルー。(先日初口取りを達成した)ユーチャリスと同じ藤岡健厩舎の馬で、テイエムオーシャンの半妹という、ナカナカの良血馬です。今日のぼく馬メールによると

師 脚色一杯
4F 53.0
3F 39.1
2F 26.6
1F 14.1

といったカンジだったみたいです。全体の時計はマズマズですが、1F14.1っていうのはどぉなんでしょう? 少々心配…。ちなみにこの世代の出資馬(9頭)の中で、たいくうんさんが最も期待を寄せているのが、このジャルダンデフルーなんですよ。膝の軽微な骨折でここまでデビューが遅れてしまいましたが、何とか立て直して、現在の状況にまで辿り着きました。藤岡健先生のコメントからも

「素晴らしいスピード」

とか

「非常に良い調教」

といった心強い言葉が多々聞かれております。…まぁ藤岡健先生のコメントの場合、どの程度率直に受け取れば良いか、ナカナカに難しい部分はありますが(苦笑)、ユーチャリスのデビュー時は、藤岡健先生のコメントや周囲の方々の有り難いアドバイスを素直に100%信じてみた結果、大変素晴らしい事象が創出されたので、今回も素直に信じて突き進もうかと思っておりマス。…いや、人間はね、純粋なココロを持ち続ける事が大切ですよ?(笑)

とりあえず現在は、交通手段をどぉするか思案中。生涯初遠征(阪神遠征)の際は夜行バス使って行きましたが、1度新幹線というモノを体感してしまうと(まるで麻薬の如く)もー抜け出せませんね。以前あぽこさんに教えて頂いたJR東海ツアーズのコレで行くのがベストですかね? んーでもホント、2月11日が待ち遠しいです、ハイ。
posted by たいくうん at 20:09| ☔| Comment(4) | ジャルダンデフルー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする