2016年11月04日

親子2代の

懐古主義と言うべきか、オッサン志向と言うべきか、最近のたいくうんさんは渋めのモノを愛でる(?)傾向がヒジョーに強い(先日御紹介したタップダンスとか)のですが、今日御紹介するヤツもナカナカに渋めなヤツです。今回は音楽界隈のモノなのですが、外国の動画なんで、冒頭で司会者のヒトと演奏者のヒトが何喋ってんのかはよくワカリマセン。ただ、やりとり的には

司会者「その小さな楽器の演奏を聴いて、周囲の人達の反応はどうですか?」
演奏者「よく言われるのが『ふーんそれで?』とか『おうち帰りな』とかかな? この御時世、こんなちっぽけな楽器じゃそんなもんだよ。でも昔、僕のおじいちゃんはこんな風に聞かせてくれたよ(ここから演奏スタート)」

といった風な会話らしいです。たいくうんさん、いつも英語赤点だったからホントかどうかは知りません(無責任だなオイ)。・・・まー冗長な前置きはさておき、とりあえずみんなで観てみましょう。


・・・いやいやいやいや、最初一瞬だけ

「少し地味かな?」

とか思ったんですが、中盤から終盤にかけてはホント凄まじいですよね。演奏終了後のスタンディングオベーションも心底頷けます。・・・まぁ天下にその名を轟かすカーネギーホールにて演奏してるんですから、(この御方の素性は存じませんが)日本で言ったら文化勲章授与されちゃうレベルの御方なんでしょうねー。


で、ウマのハナシ。今週はアースオブフェイムが日曜東京4Rの新馬戦にてデビューを迎えます。丁度偶然(ボク的には大変珍しい)日曜休暇と重なっていたので、折角なので現地まで応援に行く事にしました。ちなみにお母さんのアースサウンドのデビュー戦も新潟まで観に行ったので、これで親子2代のデビュー戦現地観戦となります。あ、お母さん(アースサウンド)のデビュー戦、レース内容は殆ど覚えていないのですが、『新潟駅クレープ事件』だけは今でも鮮明に覚えています。

あー、でもこの時(↑)が2009年だから、7年ちょっとが経過したカンジなんですねー。んー7年かぁ。物凄く長いような、逆に短いような、ちょっとフシギな感覚です。

で、今週デビューするアースオブフェイム、調教は良くも悪くも若干地味なカンジがしますが、今日御紹介した動画のオジサンのように

ちょっと地味 → 終盤ド派手なパフォーマンス → スタンディングオベーション発生

みたいな展開を期待したいです(それは期待し過ぎだろ)。まぁまずはとりあえず、今後に繋がるような競馬を、そして願わくば最良の結果を創出してくれる事を心底より願っております。ホント、お母さんに少しでも近付けるよう、精一杯頑張れー!!
posted by たいくうん at 23:39| 茨城 ☁| Comment(4) | 馬その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月22日

見学

今週はいつもより若干早めの日記更新です。…というのも、実は今週末の24日にですね、アレの見学に行くのですよ!! アレっていえばアレですよ、アレ!!













【電車でGO!!】
151024_niigata_kikanku.jpg









……いや、フツーにウソです。大ウソです。ゴメンナサイ。たいくうんさん、電車全然ワカラナイです。でも気のせいかもしれませんが、気のせいかもしれませんが、ウマ好きなヒトで電車も好きってヒト、結構いらっしゃいますよね?(やっぱり気のせい?) 電車とウマ、何か共通点とかってあるんですかねー? んー、どっちも速く走るトコとか?(そんな単純なコトじゃねーだろ)


まーツマンナイ話はさておき、今週末の24日、見学に行くっていうのはホントです。この日に開催されるグリーンファーム1歳募集馬の牧場見学会に行ってきます。

でもたいくうんさんが募集馬見学会に行くのって、10年以上前(多分15年ぐらい前?)に行われたグリーンファーム募集馬の那須野牧場の募集馬見学会以来です。ホントは昨年のグリーンファーム募集馬見学会にも参加したかったのですが、仕事で泣く泣く参加を断念しておりました。やー、それにしてもホント、随分久し振りの参加だなぁ…。

で、参加が決定した後、ボチボチと宿泊先とヒコーキを手配しようと思ったのですが、何か大手旅行サイトの宿とヒコーキのセット、やたらと高くないですか?やたらと高くないですか? 以前、北海道行った時の感覚的な相場から

「北海道で1泊と往復のヒコーキ代なら3マンあればヨユーでしょ?」

ぐらいに思っていたのですが、コッチ(関東)を23日の夜に出発 → 北海道の宿に泊まる → 24日の夕方に関東帰ってくるってプランだと、ネットの大手旅行サイトだと軒並み軽く4〜5マン超えちゃうって一体どぉいう事なんでしょうどぉいう事なんでしょう?(探し方が悪いだけ?)

僕が住んでいる場所からですと、当日(24日)の始発電車で出発しても、集合時間(新千歳空港に9:45)には絶対に間に合わないので、仕方なく23日に羽田近辺で宿を取る事にしました………が、羽田近辺は絶望的なまでにリーズナブルな宿が見つからず、結局ナニユエか天王洲アイル近辺の宿に泊まる事となりました。当初の予定としては、23日に北海道入りしてススキノ行ってエロいお店ハシゴする予定だった美味しいお店ハシゴする予定だったのに…。

まーとりあえず、ウマはボチボチとホドホドに眺めてくる予定です。たいくうんさん、ウマ全然ワカラナイし……。


そんなクダラナイ諸々のハナシはさておき、今週の募集馬見学会に参加される皆様、どうか何卒宜しくお願いいたします。たいくうんさん、紺色のジャパンカップのブルゾン着ていくかと思う(他に着るモノがナイ)のですが、もし現地にて貧相なオッサン(たいくうんさん)見かけても、決してカツアゲとかしないで下さい……(昭和時代の中学生かよ)。優しく話しかけて下されば、たいくうんさん嬉しくなっちゃって募集馬に飛び乗ります(悪ふざけを通り越してもはや犯罪のカテゴリーです)。


さて、今週は24日の東京5R新馬戦にリスペクトアースが出走します。調教の方は、良くも悪くもボチボチ的なカンジみたいですが、当日募集馬を見学しているであろう時間帯、北海道にステキステキな朗報が届く事を期待したいです。んーさて今週はどうかなー?
posted by たいくうん at 20:47| 茨城 ☁| Comment(6) | 馬その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月27日

うるせーハゲ!!

「イマイチ何の仕事してるか判らないヒト」

とよく言われるたいくうんさんなんですがね、現在のたいくうんさんは、教育機関に近い立ち位置の部署で日々を過ごしております。

部署が部署ゆえ、コドモ達と接する機会が多いのですが、先日やってきた子(小学5年生)の狼藉っぷりがハンパなかったので、たいくうんさんが優しく

「走り回ると危ないから、ゆっくり歩ってネ☆」

って声を掛けたら、今日の表題タイトルのセリフを言われてしまいましたよ。むぅ…。

まぁ確かに、昨年のGFパーティーの際にお会いしたS氏からも、開口一番

「アタマ、マジヤバくね?」

って指摘されちゃったぐらいですので、多分自分が考えている以上に、たいくうんさんの頭髪はナカナカにヘヴィな状況なのかもしれません。鏡で確認できる限りでも、前髪や頭頂部はともかく、側頭部はガチにアレなカンジはします。

…まー正直、僕自身はですね

「ハゲたらハゲたで、んーまー仕方ナイかな?」

ってなカンジで、だいぶ暢気に構えているんですが、よくよく考えてみると、たいくうんさんは

・チビ(159センチ)
・デブ(74キロ)

という非モテ要素の2冠は既に達成しているので、このままハゲのアビリティをも獲得してしまうと、夢の三冠王へ向けてまっしぐら…的な状態になってしまいます。あらヤダ奥さんどうしましょう?(誰が奥さんだよ)

で、たいくうんさん、夢の三冠王の誕生を阻止する為に、先日ネットで超ハイパーウルトラスーパーウェポンを購入してきました。







【スカルプDの育毛基本セット】
sca.jpg





1〜2年程前から、(お笑い芸人を多数起用した)ネットのバナー広告等で、異常に目に付くようになったアレです。…購入前は

「この2つ合わせて2〜3000円ぐらいかな?」

とか思っていたのですが、上記の2つセットで約8000円もしました。うぉぉ、高ぇ!! アリエネェ!! …しかしながら、結構知名度が高い育毛剤ですし、コレ使えば、たいくうんさんもきっとこんな風になれるのかもしれません(↓)。









【洗髪が大変そう】
kami.jpg





…で、前置きが長くなってしまいましたが、そんなこんなな状況で、このスカルプDを使用開始して、かれこれ1ヶ月以上が経過しております。…しかしながらですね、しかしながらですね、たいくうんさんの頭髪、現在に至るまで微塵も変化がありません。…何かもぉ気分的にはね

「JAROがあるじゃろ?」

のCMを思い出してしまうぐらいのレベルです(イミわかんねーよ)。でもホント、ここまで効果がナイとは思わなかった…。いやはやホント、ここ一連のたいくうんさんの行為は、名実共に

「不毛なコト」

ってカンジでしたね☆(山田くーん、ザブントン全部持ってってー!!)。



…あ、今日は全然ウマの事を書いてないので、何か付け足しておきましょう(←超おざなり)。今年のファシグティプトンコールダー、たいくうんさんの狙いウマは下記の5頭です。


HIPナンバー57
HIPナンバー128
HIPナンバー150
HIPナンバー219
HIPナンバー227


1ハロン追い切ってるウマよりも、2ハロンで追い切って好タイム出しているウマの方が確実性(?)はあるような気がするので、そぉいう意味でHIPナンバー57をチョイス。HIPナンバー128と150と219は走ってる雰囲気のみで選んだ感がアリアリ(だって英語の血統表とか見てもワカンナイし)なのですが、HIPナンバー150は好タイムを出している牡馬だけに、値段が釣り上がっちゃいますかね?

ちなみに上記5頭で最も気になってるのがHIPナンバー227。アースサウンド出資者にとっては、もぉ超お馴染みとなった父の産駒ですが、今回の調教プレビューでは最速タイのタイム(10.1)を叩き出しているだけあって、やはりヒジョーに気になってしまいます。調教プレビューの動き見る限り、そんなに早い時計出しているようなダイナミックな動きには見えないんですが、この馬なんかも高値が付いちゃうんでしょうかねー?


まー何はさておき、注目のセリ日は3月2日。ここは一つ(ハゲが進行しない程度に)当日のセリ状況を注意深く見守って行きたいと思います。んーさてホント、どぉなるのかなぁ…?
posted by たいくうん at 20:30| ☔| Comment(16) | 馬その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月12日

海外トレセー

今週の日曜は仕事が休めそうなカンジだったので、だいぶ前から

「14日は、愛馬タンの応援に行っちゃうゾ☆ グフフ…」

ナドと画策していたんですが、そぉいう週に限って出資馬の出走はゼロ…。まぁたいくうんさんの人生、こんなモンですな…。


そういった状況ですので、ぶっちゃけ今週の日記更新メンド臭いな今週の日記はどんな事書こうかなと、しばし沈思していたのですが、今日の日記は(時期的には今が旬の話題である)、海外トレーニングセールのハナシでもさせて頂こうかと思います。


GFの会員さんなら既に御存知の方も多いかと思いますが、このクラブでは毎年2月末〜3月の時期に、海外トレーニングセール馬を購入して、募集馬として供しています。

たいくうんさんの記憶が間違っていなければ、この恒例行事(?)は、99年産のファストアズライトを皮切りに、約10年に渡って継続され(募集が無かった年もアリ)、現在に至っている…といったカンジです。

ちなみにたいくうんさん、GFの海外トレーニングセール募集馬は(今のところ)皆勤賞で全馬出資を続けております。…例年、2月中旬を過ぎると、トレーニングセールが激しく気になってくる御年頃なたいくうんさんなのですが、今日はそのトレーニングセールに先立ちまして、これまでのトレーニングセール募集馬達を振り返ってみたいと思います。


まずは年度順の募集馬成績を振り返ってみましょう。【】内は、たいくうんさん基準での【当たり】【ハズレ】の評価です。たいくうんさんは超ハードルが低いニンゲンなので

「その回収率じゃ【当たり】じゃねぇだろ!?」

的なウマでも【当たり】に入っちゃてるカモしれませんが、その辺の主観的評価についてはナニトゾ御容赦下さい。それでは早速列記してみましょう(青い馬名が牡・赤い馬名が牝)。


ファストアズライト…20戦5勝。初勝利は1000万特別(耶馬溪特別)でした。当然ながら、回収率は大幅プラス。【当たり】

トゥインクルレイン…1戦0勝。デビュー戦のレース直後に(熱中症状だったか心疾患だったかで)バッタリ斃れてしまい、そのまま引退繁殖入り。素材は良かったと思うので、残念ムネン。【ハズレ】

ワールドアベニュー…9戦2勝。回収率的にはハズレの部類になっちゃうのかもしれませんが、2歳OP入り・GI挑戦ナドナド、数字以外の部分で大いに愉しませてくれた馬なので、その辺を勘案。【当たり】

ビートザディーラー…22戦1勝。ナカナカに息の長い活躍をしてくれた馬。ただ、当たりかハズレか聞かれると、ヒジョーにビミョーなライン。【保留】

ロージーワールド…4戦0勝。まぁそれはさておき、奥平雅センセイはイケメンだよね。【ハズレ】

ヴァイサーブリッツ…9戦0勝(中央所属時成績のみ)。GIを30勝ぐらいしてくれそうな雰囲気はあった馬なんですが、やはり競馬は難しいみたいです。【ハズレ】

アースリヴィング…6戦1勝(現役)。現時点では1勝のみも、交流重賞2着・海外準重賞2着2回。【当たり】

アースサウンド…5戦2勝(現役)。GIII2着・GI3着。東京ダ1300のレコードホルダー。【当たり】


…うんうん、こぉいて列記してみると、ナカナカに興味深いですよね(僕だけ?)。【当たり】と【ハズレ】を星取表にしたら

4勝3敗1引き分け

的なカンジでしょうか? まー勝ち負けが大体イーブンな数字ですが、【当たり】の4頭の内容を見てみると、GI出走馬やら重賞連対馬やら海外準重賞連対馬やらがポロポロ出てきていますし、字面的にはナカナカに活況を呈しております。たいくうんさんはGFをヒイキしているニンゲンですので、僕が言っても全く説得力がナッシングなのですが、それでもここ10年の海外トレーニングセール馬の成績を改めて概観してみると

「M・シューマッハ程の速さと安定感は無いが、J・ハーバート並の速さと安定感は兼ね備えている」

といった事が改めて確認できると思います(喩えがマニアックだし、世代も古いよ)。


ちなみにトレーニングセールでの一番の愉しみは、やはりネットで調教プレヴューの動画やらタイムやらを見ながら

「この走り方がカッコ(・∀・)イイ!! 」

とか

「この超抜タイムはガチに萌える(;´Д`)ハァハァ」

とか言いながら(誰も言わねーよ)、色々検討している瞬間だと思います。…しかしながら



調教プレヴューで超抜タイム計時!! 期待に胸膨らむ!!



競馬場で走らせてみたら全然ダメでした…


的なガックリさんイベントが多々発生してしまうのも、トレーニングセールのオモシロい所(=コワい所)です。たいくうんさんもね、先日似たようなガックリさんイベントがありましたよ。







【しゃきしゃきキャベツが美味しそう!! 期待に胸膨らむ!!
katu.jpg











【開けてみたらキャベツぐちゃぐちゃ】
katu2.jpg



…上の画像じゃ判り難いんですがね、あのキャベツの豪快なぐちゃぐちゃっぷりを見たら、キャベツ作ったおひゃくしょうさんも、多分卒倒しちゃうぐらいのイキオイでしたよ。



…あ、ハナシが逸れてしまいました。ゴメンなさい。…まーキャベツのハナシはさておき、今年のトレーニングセールはどんなウマ達が上場されるんでしょうね? 3月2日のファシグティプトンのコールダーセール(公開調教プレヴュー2月26日)と、3月22日のバレッツマーチセール(公開調教プレヴュー3月19日)が今から本当に待ち遠しい限りです!! 今年はどんな馬が募集されるのかなー?
posted by たいくうん at 20:20| ☀| Comment(22) | 馬その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月08日

プレゼント馬

先日ボンヤリとネットで諸所を徘徊していたら、偶然こんなのを見かけたんですよ。…おお、GF入会金+一口権利プレゼントですかぁ…。僕の場合、GFのプレゼント馬っていうと、グリーンヴィガー(4勝/5歳時の調教中骨折で予後不良)が真っ先に思い出されます。最後は残念な事になってしまいましたが、本当に一生懸命頑張ってくれた馬でした。この馬にはホント、切なさの微粒子を含む大切な想い出があります。…そういえば遥か昔、一生懸命頑張ってこんなフラッシュ創ったりもしたなぁ…。訃報の翌々日に10時間ブッ通しで一気に創った記憶があります。んー懐かしいなぁ。


ま、それはさておき、今回のプレゼント馬。コーエーの公式ページに付記されていた、プレゼント諸々に関する文章群を拝見する限り

「既にグリーンファーム会員のヒトは応募しちゃダメよ☆」

とはなっていないカンジでした。たいくうんさん、元々ウイニングポストのシリーズは結構好きですし、何よりもプレゼント馬そのものが物凄く気になってしまったので、先日近所のパソコン屋さんへ『ウイニングポストワールド』を買いに行ってみたんです。そしたら…




【ポッカリ開いた虚無の空間】
w1.jpg



…商品の配置(右も左もコーエーのソフトが並んでる)的に

「あーゼッタイこの場所に置いてあったんだろーなー」

という雰囲気満載だったのですが、無慈悲にもその場所には無限の空間が広がっておりました。そんなに売れ行きが良いのでしょうか? ウイニングポストワールド。

で、仕方がナイので、その日の購入は諦めたのですが、後日別件で出掛けた際に別のパソコン屋を覗いてみたら、何か山積みになって売られていたので、とりあえず1本確保して帰宅しました。




【感動の御対面】
w2.jpg




【ちゃんと応募券も付いてました】
w9.jpg




で、早速ゲームをインストールして

「いざプレイ開始!!」

と思ったのですが、何だかいつまで経ってもゲームが始まりません。ワクテカしているたいくうんさんを嘲笑するかの如く、画面に表示されるのはこんなん(↓)のみでした。




【ゲームのDVDはちゃんと入れてるのに…】
w4.jpg


何回チャレンジしても

「Winning Post WorldのDVD−ROMが見つかりません」

と表示されてしまうので

「もしかしたら、パソコンのドライブに入ってるヤツ、ウイニングポストワールドのDVDじゃなくて、間違ってたいくうんさん秘蔵のマル秘エロDVDとかが入っちゃてるのか?」

と思い、ドライブから取り出して確認したりしてみたんですが、ちゃんとゲームのDVD−ROMが入ってました。1度DVDクリーナーを掛けてから、再度起動させようとするも、やっぱり上記の画面が表示されるのみ。ううむ…。


………で、その段階でふと思い出したのですが、そぉいえばゲーム発売前に『ウイニングポストワールド』のベンチマークプログラム(ゲームが快適にプレイできるかどうかを測定するヤツ)がネット上でダウンロードできるようになっていたので、1度試してみたところ、CPUやメモリは問題無かったのですが、『頂点シェーダ』という項目が×になっていたんですよ。しかしたいくうんさん

「…フンッ!! メモリとCPUは若干余裕があるみたいだし、『頂点シェーダ』の不足なぞ精神力で補える範囲だな、うん」

等と旧帝国陸軍の鬼軍曹並の論理を吐きながら、『頂点シェーダ』とやらの存在を華麗にスルーした記憶があります。…ううむ、アレがいけなかったんでしょうか?アレがいけなかったんでしょうか? このままじゃ折角買ってきた『ウイニングポストワールド』がプレイできません。

…しかしながらそこは、多岐に渡る卓抜した知識を有しているたいくうんさんです。DirectXの更新とか、メモリの更なる増設とか、グラフィックカードの増設とか、様々な対策方法を模索してみましたよ。で、その結果導き出された結論とは………!!











【そもそも増設の仕方とか判んねぇし】
w8.jpg
posted by たいくうん at 19:46| ☔| Comment(14) | 馬その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月03日

キレキレ

このブログ見にきて下さる方々の9割は競馬がお好きな方でしょうから、もぉ殆どの方々は観ちゃってる動画かとは思いますが、もぉ1度キレキレを観ておきたいという御仁(いるのか?)の為に貼っときましょう。

まーキレキレには賛否両論様々な御意見があるとは思いますが、僕個人としてはその議論に参加する意思は特にありません。ただ、四位騎手に関しては従前から様々な評判を耳にしていたので、この動画云々で取り立てて驚いたり、改めて意思表示をしようとする気は起こりませんでした。たいくうんさん的にはですね、コッチのキレキレの方がかなり衝撃を受けましたよ。

…だって赤星さん、普段はかなりの好青年じゃないですか。確か一昨年は

「盗塁を1つ成功させる毎に、福祉施設に車イスを1台寄贈する」

とかいったステキな慈善事業をやってましたしね。個人的にはかなり好印象を持っていたんですが、この動画観てだいぶイメージダウンしちゃいました。まぁたまたま機嫌悪かっただけだとは思うんですが、何かこの動画観ていると、車イス寄贈される前に赤星さんにフルボッコされて車イス送りにされそうなイキオイです。

まぁキレキレはさておき、昨日我が家にもGF会報6月号が届きました。皆様も既に御存知のとおり、今月の会報には07産のGF募集馬のラインナップが出ていたりしたんですが、まずはその募集頭数(22頭)に軽く驚きを覚えました。わー選択肢いっぱいだねぇ。たいくうんさん迷っちゃうねぇ。

ちなみに現時点でたいくうんさんが気になった馬は下記のとおり。

ファストアズライト07(父Tiznow・牝)
オレンジブロッサム07(父サクラバクシンオー・牝)
カツラドライバー07(父スウェプトオーヴァーボード・牡)
クロスマイハート07(父クロフネ・牡)
グロリオーサ07(父スペシャルウィーク・牝)
ミスグローリー07(父デュランダル・牝)
レディオブチャド07(父デュランダル・牝)
Summertime Val07(父Action Thisday・牝)

んー、大体この辺りでしょうか? たいくうんさんの場合、ウマ選ぶ要素として厩舎がかなり大きなウェイトを占めているので、あとはまー預託先を見てからボチボチ決めていきたいです。でもパッと血統を見た感じ、かなりのスピードを秘めていそうなウマが多いですよね。…ホント、今日御紹介した動画みたいな

「精神面のキレキレ」

は教育上好ましくありませんが

「末脚のキレキレ」

は大歓迎ですので、是非是非今年の募集馬にはそぉいったスピードを持ったウマが沢山いる事を願っております。皆さんは今年の募集馬、どの馬が気になりましたかー?
posted by たいくうん at 23:12| ☔| Comment(9) | 馬その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月18日

赤購入

最近諸所から発売されているPOG本ですが、昨日は赤本の発売日でしたので、早速買ってきました。

で、ざっと一通りみてみたんですが、期待してたパワーストラグルの記述はなくて少々残念…。あ、合田さんのページにプロポーズトゥミーの仔とエトゥーフィーの仔が載っておりました。誌面ドラフトの指名順位から察するに、合田さん的にはエトゥーフィーの仔(17位)よりもプロポーズトゥミーの仔(10位)の方が評価が上…といったカンジなのでしょうかね?

さてハナシ変わって、登録状況でどぉなるかは判りませんが、たいくうんさん来週は大量出走の雰囲気があります。出れば有力視されそうなウマも結構いますし、ここは是非これぐらいアツイ闘志を見せたレースを披露して欲しいです。

でも↑のレース、いつのアーリントンカップだかは判りませんが、馬がヨレてる…とかいうレベルじゃなくて、完全に馬体も自分の身体もぶつけにいってますよね? いやはやスゲェ…。一体誰が乗ってたんでしょうねー?
posted by たいくうん at 23:35| ☔| Comment(6) | 馬その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月12日

POG本と音楽隊

今日はギャロップのPOG本の発売日…。例年ですとPOG本の類は、中身をパラパラ立ち読みをしてみて、自分の出資馬が活字で紹介されている時のみ購入するようにしてるんですが、今年は

「1〜2頭ぐらいなら厩舎リポートとかで紹介されてるでしょ?」

と思い、職場帰りにコンビニ寄って、中身を確認せずに購入しました。で、コンビニから出てきて、クルマに乗り込んでからパラパラ中身を確認してみたんですが、僕の出資馬は広告ページ以外1頭も紹介されておりませんでした。ううむ、毎年多少は出資馬が活字に登場するんですが、今年は全くと言っていい程ナッシングでした。

で、その後ガックリした心境のまま、気分転換がてら超久々にゲーセンへ行ってみたんですよ。そしたら

「現在、春の超激取りキャンペーン実施中」

とかいうデッカイ貼り紙のしてあるUFOキャッチャーを見つけたんです。説明文を読んでみたら

「超激甘設定ですので、UFOキャッチャーに自信のある人はチャレンジしないで下さい」

とか書いてあるんです。たいくうんさん、普段はUFOキャッチャーとかやらないんですが、この説明文につられてチャレンジしてみました。…当初は

「200〜300円もあれば取れるかな?」

と楽観視してたんですが、結局1コ取るのに1200円も使ってしまいました。んーハナシが違う。こんなんで1200円も使うなんて(たいくうんさん的には)有り得ねぇ…。

ちなみに取ったのは『どうぶつ音楽隊』というおさるさんのヌイグルミでした。で、何気なく箱の説明書きを読んでみたのですが、そしたら

「うさぎ、さる、ぱんだの仲間が揃えば、赤外線で連動した演奏が楽しめます」

とか書いてあるじゃないですか!! うおお、赤外線で連動演奏!! 『どうぶつ音楽隊』sugeeeee!!!!!

・・・これがいけませんでした。

その後たいくうんさん、『どうぶつ音楽隊』のうさぎさんとぱんださんの獲得に全力を注いだんですが……………結局ドチラもゲットできませんでした。おさるさんゲット後に使った金額、5500円也。あーもーまじてありえませんってば。

そんなこんなで先程帰宅しました。今日は仕事よりも、その後のアフタータイムの方で気力を磨り減らしてしまいました。んー何だかなぁ…。でもこれでいくらか厄払いできたかな? つーか、厄払いできたと信じたいです。ううむ…。



【今日手に入れたステキな品々】
20080512223619 (2).jpg
posted by たいくうん at 23:58| ☁| Comment(9) | 馬その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月01日

スタート!!

さて、今日から開始の1ヶ月間日記毎日更新、最初はどんなオチの内容書こうかなぁ? と少々思案していたのですが、早速オチができました。今、大変ステキなオチができました。

3分前に、書きかけの今日の長文日記が豪快に全部消えました。

…いや、タイミング良過ぎで

「まぁたたいくうんのヤツ、ブログでウソ吐いてる」

とか思うでしょ? 僕もタイミング良過ぎだと思うんですよ。思うんですけど、思うんですけど

3分前に、書きかけの今日の長文日記が豪快に全部消えました。

いやでもホント、物事は何でも最初の一発目が肝心なのに、毎日日記更新の一発目はこんなカンジになっちゃった趣きですが、まぁ気を取り直して頑張って行きたいと思います。皆様のコメントやツッコミが、毎日日記更新モチベーションの生命線となります故、お手空きの際はどーか構ってやって頂き、書き込みとか頂ければ幸いです。何卒宜しくお願いいたします。

で、毎日日記更新最初のネタは、今が旬のGF海外トレーニングセール募集馬2008についてです。で、流れ的に、本来でしたらここから募集馬の父とか母系とか兄弟とか厩舎とかについての考察の文章が続いていくのが定石だと思う(実際、消えた文章には超長文でマジメに書いてた)んですが、折角書いた日記が消えちゃってぶっちゃけもうメンド臭い現在意気消沈中ですので、カンタンに述べてみたいと思います。

【プロポーズトゥミーの2006】
ユーチャリの下。父ジョハーはビミョー。でも馬キラキラ。パンフ説明文で「あらゆる面で、姉より上」とか書かれると、出資意欲激しく向上しちゃってイヤン。

【エトゥーフィーの2006】
何かもぉフツーに競馬場で走ってそうな身体。顔がグリーンビルボードなカンジでステキ。馬を曳いてるスタッフさんのサングラスが超カッコイイ。

こんなカンジでしょうか? 個人の好みとか、どのファクターに重きを置くかで、ドッチの方がイイかは意見が分かれる所かと思いますが、やはり僕はエトゥーフィーの仔を曳いてたスタッフさんのサングラスが欲しいです。

まーとりあえず、まだ若干時間はありますので、特別募集馬に関しては、ボチボチ考えていきたいと思います。皆さんは特別募集馬、どうしますかー?
posted by たいくうん at 23:54| ☁| Comment(9) | 馬その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月27日

1ドル札×十三万五千枚のウマ

那須野牧場が今年のファシグティプトンのセールにて、135,000ドルで牝馬を落札してきたみたいです。血統はこんなウマ。

ちなみに動きはこんなカンジだったようです。この動画の最注目ポイントは

・5秒目のところで騎乗者が何かバランス崩してる
・6秒目のところで騎乗者が首を傾げている

ズバリこの2点ですな。…今日はオナカの調子が悪い騎乗者のウィスコンシンさん(27歳独身)、1回しかない大事な調教プレビューでキンチョーしちゃってバランス崩しちゃったんですね。で、

「あーオレ今日やっぱ調子悪いわ…」

と小首を傾げた…というのが事の真相。うん、プレビュータイムは10.3秒だったようですが、ウィスコンシンさん体調万全だったら、3秒はタイム縮めて7秒フラットは出てたな。惜しいプレビューでした。ちなみにこの一部始終を見て激怒したコンサイナーにより、ウィスコンシンさんはその場でクビになったらしいです(ガセはヤメなさい)。

まーそれはさておき、GFで募集されるのかどーかは判りませんが、豪く気になる存在です。んーどぉなんでしょうねー?
posted by たいくうん at 21:33| ☀| Comment(8) | 馬その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月02日

超大物登場!!

さて、新年明けました。去年御愛顧下さった皆様、本当に有り難うございます。色々コメント書き込み下さった皆様、本当に有り難うございます。そしてROM主体の皆様、たいくうんさんはニートで現実社会に殆どオトモダチいなくて寂しいので、是非是非御気軽に書き込み頂けると本当に嬉しいです。何はさておき、今年も何卒宜しくお願いいたします。

さて、新年の一発目。
皆さんは『エアーマンが倒せない』という曲を御存知でしょうか? 昔流行った『ロックマン』というゲームネタを題材に、ネット上で流行した曲なんですが、そのあまりにも派手なブレイク振りに、CDまでリリースされてしまったという、ある意味伝説の名曲です。まずはみんなで聴いてみましょう

はい、サスガにネット上を一時期席巻した曲だけあって、アップテンポでノリノリな素晴らしい曲ですね。…で、この『エアーマンが倒せない』なんですが、ナニユエか歌詞を変えた多くのバージョンが出回っております。もぉそのジャンルやら数やらは、凄まじいバリエーションが出揃ってるんですが、まーまずは幾つか御紹介しましょう。

ゴキブリが倒せない
合コンが倒せない
浮気相手を殴りたい(下ネタ注意)

他にも野球やら政治やらサッカーやら、本当に色々なジャンルの『エアーマンが倒せない』があるんですよ。で、そこでふと気付いたんですがね……無かったんですよ、一口馬主バージョンの『エアーマンが倒せない』が…。ナイならナイでまーしょーがないかなーとも思ったんですが、たいくうんさん、一念発起して

『エアーマンが倒せない Ver.一口馬主』創っちゃいましたよ。

題して『未勝利戦が倒せない』。

Flashは僕がシコシコ創りました。実はこの作品、昨年5月頃から創り出して、8月頃に6割方完成したのですが、その後この作品を創り続ける事を躊躇してしまい(躊躇した理由は御想像にお任せします)、しかしながらお蔵入りさせるのも勿体無く感じ、12月末から再びシコシコ創って、今日遂に御披露目となったカンジです。

ちなみにFlash・詩改変は僕がやりましたが、唄い手は超実力派アーティストを起用しております。当初、シロウトが製作したFlashへの出演に難色を示していらっしゃいましたが、粘り強い交渉の末、何とか唄って頂ける事になりました。現在、大手レーベルからも複数オファーが来ているその美声を、是非お愉しみいただければと思います。それでは早速お聴き下さい!!!!!

たいくうん製作Flash第9作
『未勝利戦が倒せない』
posted by たいくうん at 22:44| ☁| Comment(12) | 馬その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月10日

パンフキタキタ

件のGFパンフ、遂にウチにも来ましたよ!! でもここ最近、仕事がバタバタ気味なので、まだパンフパラパラッと見ただけで、DVDは殆ど観れていません。まぁそんな状況なんですが、現時点で僕が気になった馬(出資候補の馬)を羅列してみたいと思いマス。


【エルメスティアラの2006】
昨年当歳募集が行われ、引き続き募集中なんですよね。昨年からずっと気になっていたんですが、やはり預託先(中村均厩舎)がナカナカに魅力的です。母系遡れば、ムチャクチャ応援していたオースミタイクーンに突き当たる系譜ですし、やはり気になってしまう1頭です。

【ブルーチャームの2006】
てっきりマル外かと思ったら、持ち込み馬なんですね。従って輸入経費は掛からない模様…ううむ、コレは魅力的ですな。預託先(音無厩舎)も文句ナシですし、思わず一思案してしまいます。でも父のエクシードアンドエクセルってのは、いかにもナゾ多き存在です。僕、エクセルって言ったら、表計算とコーヒー屋ぐらいしか知りませんし…。でも預託先は魅力。物凄く魅力。んー悩むなぁ…。

【ビッグハッピーの2006】
今年度募集の最高価格馬(2730万円)です。今年は例年にも増してリーズナブルな馬が多いので、相対的に抜けて高い値付けとなっております。母は5勝を挙げた女丈夫で、近親にはビッグウルフとかビッグモンローとか有名どころが名を連ねております。預託先の加藤征厩舎も関東の新鋭です。でも父のシンボリクリスエスの初年度産駒(現2歳)の出足が少々躓いているので、その点が少々心配。ついでにミルシャイナーも少々心配…。まぁソレはさておき、候補の1頭であることは間違いナイ馬です。

【ファビラスターンの2006】
血統の字面だけを見たら、今年度で1番見栄えのする馬(シャドウゲイトの半妹)です。以前、ここの日記にも書きましたが、グラスワンダーは現役時超ダイスキだった馬ですので、1頭ぐらいは同産駒に出資したいです。厩舎も前述の加藤征厩舎ですし、この馬はかなりの有力候補ですかねー?

【ティエッチダンサーの2006】
ゴールドアリュール、僕は当初全くのノーマークだったんですが、産駒の滑り出しがヒジョーに素晴らしいですよね。母は3勝を挙げてますし、血統的にもナカナカ筋が通っています(祖母GI馬・ブラックタイプにはクロフネの名も)。管理する武藤師の実力は、ナカナカ判断が難しいところですが、武藤師は騎手になる前も騎手になってからも、大変な艱難辛苦を経験なさった御方ですので、どんな馬でも一生懸命やってくれる…という印象がヒジョーに強いです。あ、まだDVDジックリ観てないんですが、金髪キレイらしいですね、キンパツ。

【クロスマイハートの2006】
当歳から観てきたクロスがお母さんになり、そしてその産駒が募集される運びとなりました。あー、月日が流れるのは早いですねぇ…そりゃ僕もオッサンになる訳だ…。まぁソレはさておきクロスの仔。堀厩舎ってのもイイ感じですし、なんと言ってもあのクロスの仔です。ここは採算打算度外視してでも申し込むのが、漢というものなのかもしれませぬ。…あ、たいくうんさんはオカマちゃんなので、マダマダ考え中です(そうなのか?)。

【イージーラヴァーの2006】
ジャドールの半妹・父のアグネスデジタル・預託先(池上厩舎)・価格(840万円)と、全てのファクターが魅力に溢れているのですが、取捨のポイントは「果たしてヤナギの下に2匹目のドジョウはいるかどうか?」という点に尽きると思います。あ、ラヴァーズナットを含めたら、3匹目がいるかどーか? という事になるのかな? いや、でも馬そのものは魅力的なので、この馬の取捨も相当悩みそうです。ううむ…。

【オスティエンセの2006】
帰ってきた勢司厩舎…という点がまず魅力的です。グリーンプリメーラで大変御世話になった厩舎ですし、母も全く底を見せずに引退した馬ですので、そういう点では未知の魅力タップリです。父のダンスインザダークをどぉ評価するかがポイントですが、個人的にはダンスで失敗した経験があるので、少々悩みどころです。んー、どぉすんべか?

大体この8頭が現時点での候補でしょうか? ここからふるいに掛けて頭数を減らしたり、あるいは急に気になる馬が出てきて頭数を増やしたりしながら、ボチボチ出資馬を決めて行きたいと思っております。あ、あと気になっていた税金問題の紙は、僕のゆとり脳では全く理解ができませんでした。財務省の公式ページであるココで勉強すれば税金問題はバッチリ理解できると思いマス。ふぅ、たいくうんさんもコレで一安心だネ☆ …いや、でも実際、このゲームあまりにも内容シュール過ぎですな…。ざいせいゲームの副題が『ファイナルクリック』というのも、国の財政の行く末を暗示しているような気がしないでもないです(苦笑)。

あー、久々に長文書いたら豪く疲れました。オヤスミナサイ…。
posted by たいくうん at 01:22| ☔| Comment(12) | 馬その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月04日

募集馬について考えるヒト

今年のGF募集馬、一昨日ウチにも会報が届きまして、そのラインナップの一部が遂に判明しました。とりあえずは10頭が公式発表されたのですが、今日はその中から気になった馬を列記してみましょう。


【ファビラスターン2006・牝】
血統の字面だけみたら、今年の募集馬の目玉といったところでしょうか? 父はグラスワンダーで、半兄が国際GI馬のシャドウゲイトです。んー、見栄えのする良血馬ですな。…あ

『シャドウゲイト』

と聞いて、シンガポール空港を連想するヒトは結構な競馬好きですが、真っ先にコッチを連想しちゃうヒトは重度のTVゲームヲタです。TVゲームをやり過ぎるとこんなんなっちゃうらしいので、早めに病院でリハビリを行いましょう。ちなみボクは明日受診しに行く予定です(ざんねん!! たいくうんの ぼうけんは これで おわってしまった!!)。

それはさておき当該募集馬。シャドウゲイトの華々しい活躍は文句ナシなのですが、その他の兄弟の成績がイマイチですので、その点が思案のしどころになるかと思います。当たれば凄まじい破壊力がありそうですが、イメージ的には西武のカブレラ…っていうよりも、元広島のランスに近いようなカンジです(意味不明な例えはやめましょう)。あーでもですね、父のグラスワンダー、ホンっト大好きだったんですよねー。98年の有馬記念では馬券で大変御世話になりました(馬連で40倍以上ついた)し、『3強対決』という事で盛り上がった同年の毎日王冠は現地で生観戦してきました。種牡馬としてもポツポツ良い仔を出していますし、そぉいう意味でも大変魅力的です。最近のGFのウマの売れ方は、加速度が付くと凄まじい勢いで売り切れちゃうカンジですので、このウマは早めに押さえておいた方が無難ですよね。さてどぉしょかな?


【イージーラヴァー2005・牝】
言わずもがな、今後物凄く出世しそうなジャドール号の半妹です。ジャドール号はですね、懇意にさせて頂いている方々の多くが出資なさっているので、僕もかなり応援させて頂いているのですが、その皆様方はやはり妹にも出資なさるのでしょうか? やはりお知り合いの方々と皆で仲良く同じ馬を応援するのが一口の愉しみの1つですので、皆様の動向を伺いながらボチボチ考えていきたいと思います(ウマ見なくてイイの?)。あ、個人的にアグネスデジタルはかなり好印象なんですが、僕が期待を寄せる種牡馬ってコケる事が多い(僕の脳内ではジェネラスとかエリシオが国内リーディングサイアー)ので、その点のみ不安です。


【クロスマイハート2005・牝】
クロスマイハート、出資してたんですよねー。残念ながら能力を出し切れずターフを去ってしまった悲運の牝馬でした。元出資者に「クロスマイハート」という単語を投げかけると、今でも10人に7人は無意識的に涙を流してしまうという統計データもあります(環境省調べ)。父のプリサイスエンドの評価が難しいところですが、クロスが持っていた(であろう)潜在能力を勘案すると、かなり心惹かれる部分があります。厩舎次第では一気に申込ケテーイとなりそうな気がします。


【ビッグハッピー2006・牡】
母は5勝を挙げたウマらしいです。うん、5勝って凄いですよね。近親にもビッグモンローとかビッグウルフがいるようで、血統的にはナカナカ筋が通っております。父のシンボリクリスエスも魅力的ですし、牡馬という点も魅力的。もし牡馬に出資するならこのウマかなぁ? といったカンジです。


まずはとりあえず気になった4頭を挙げてみました。しかしココから更に隠しダマとかもいるかもしれませんし、パンフの完成・到着が本当に待ち遠しいです。皆さんはどの馬が気になりましたかー?
posted by たいくうん at 20:23| ☔| Comment(9) | 馬その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月26日

Flash新作デキタヨ

新作っていうか、かなり以前に創って、発表するの忘れとりました。基本的に僕は

「所詮Flashは、絵描ける人じゃないとダメ」

という考えなのですが、それでもFlash始めてみたい人とかに

「絵が描けなくても、こぉいう手法もあるヨ☆」

という実験的アピールで創ってみた作品なんですが、改めて見返してみると、やはりFlashには絵がゼッタイ必須のような気がします。

褒めたりおだてたりしてくれれば、第9弾もそのうち創るかもしれません。Flashに興味がある人の、発想の一助になれば幸いです。

それじゃ皆さん御覧下さい。
posted by たいくうん at 23:51| ☁| Comment(4) | 馬その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月21日

足蹴大好き☆

先日からお伝えしている、件のバレッチマーチトレーニングセールですが、GFも無事落札が叶った模様です。落札馬はHip47、落札価格は12万ドルだったみたいです。まずはとりあえず、実馬の動きから観てみましょう。こんなカンジの動きだったようです。

で、僕の場合、血統よりも何よりもまず最初に目に付いたのが毛色。先日の日記で

「たいくうんさん、芦毛も好きだけど、ハイヒールで足蹴にされるのもダイスキ☆」

という衝撃のカミングアウトを記したりしておりましたが、ホントに芦毛馬を落札してくれたみたいです。おおおオドロイタオドロイタ。むぅ、こぉなったらたいくうんさん、この馬が無事来日の暁には、この芦毛馬に(ハイヒール履かせて)足蹴にしてもらうしかありませんな(確実に死にます)。

で、この馬の場合、父のLightnin N Thunderの種牡馬としての能力の見極めが1つのポイントとなると思いますが、そこはお任せ下さい。たいくうんさんは、海外競馬の造詣が極めて深いんです。どれくらい造詣が深いかというと、数年前のビートザディーラーの募集の際、父のBlack Minnalousheを

「え…? ブラック…みんな老死?」

と読んで、その場にいた皆から嘲りの失笑を受けたという、大変ステキな過去があるぐらい,海外競馬には詳しいんです。…うん、それでも頑張って今日も生きていますよ。ニホンジンなんだから、日本語だけ喋れればイイじゃん!! みんな、そんなに笑わないでよ!!(←逆ギレ)

・・・あ、いや,ハナシが逸れました。父のLightnin N Thunderのハナシでしたよね。軽く調べてみると,こんなカンジの馬みたいです。んーでも正直、よくワカリマセン…。しかしながらですね、日本で馴染みが薄いというのは、ある意味逆説的に強調すべきポイントとも言えると思います。今現在は実績がなくても、今後爆発してくれる可能性も十分あるわけですし…。ワールドアベニュー募集時のインディアンチャーリーとかも、募集当時は

「父ナニソレ? 部族長が乗ってる自転車か?」

みたいなノリでした(それはたいくうんさんだけのノリです)が、今やインディアンチャーリーって言えば,部族長の自転車どころか,これぐらいの価値でもてはやされちゃってますからね。もしかしたら数年後、Lightnin N Thunderもセグウェイ並の価値が出るかもしれません(極めて判りにくい表現)。

ちなみに僕はこの馬、当然絶対申し込みますよ。マジメなハナシ、調教タイム10秒フラットというのは、3月12日にタイムを出した157頭中、4位タイという極めて素晴らしい時計ですし、動きも(上記動画を御覧頂ければ判るとおり)迫力満点です。加えて、この馬を手掛けるコンサイナーも(個人的には)十分及第点を与えられます。正直、よくもまぁこれ程の素材を、英人大手馬喰や、アブク銭沢山抱えてるオイラーの目を盗んで(別に目は盗んでません)落札してきてくれたなぁ…と感心するばかりです。セール全体の価格は精査していないのですが、今年のバレッツは、落札平均価格が低調だったりしたのでしょうか? いずれにせよ、(個人的な所感としては)超美味しい買い物だったと思いマス。あとは日本での預託先が気になるところですが、これまでのトレーニングセール募集馬の預託先の傾向からしても,十分に信頼の置ける預託先になることと思います。何とか無事出資を果たして、着地検疫が終了した際には,この馬にハイヒール履かせてたいくうんさんを足…(そのネタはもう3回やりました)。

募集詳細が発表されるのが、今から非常に待ち遠しいです。馬名案,今から一生懸命考えなきゃ!!(気が早すぎです)。やーでもホント、この馬でまた多くの皆さんと喜びをわかちあえればイイなぁ…。
posted by たいくうん at 23:59| ☀| Comment(8) | 馬その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月16日

アレも欲しいコレも欲しい

何か最近かなり仕事が忙しい上、諸々バタバタ気味なので、気分はこんなカンジな、たいくうんさん(31歳独身・ニート予備軍所属・多重債務者)です。…つーか、この絶叫してるヒトは、常に同じ位置で毎レース絶叫してるのだろーか? でも激怒してるって事は、常に馬券はヨシトミさん絡みを購入してるんでしょうね。うむ、もしかしたら口ではああ言っときながら、実は『ヨシトミ超ラヴ』な御仁なのかもしれません。

「憎しみは愛より強い烈しい感情」

といったカンジでしょうか?(意味不明)

まぁ危ないオッサンのハナシはどーでもイイです。今年も例のアレの季節がやって参りました。今年は今のところ、GF系のHPでこのネタを扱っている所が少ないみたいなので、ウチで取り上げてみましょお。あ、何かバレッツの公式HPが異様に重いですが、何か時間が掛かりそうな時は再び読み込み直すとスンナリ表示できたりしますので、どぉかお試し下さい。

で、まずは各馬の公開調教の模様。…何か相変わらず物凄いインフレ時計です。1ハロン11秒台が極めて遅く感じちゃうというのは、一体どぉいう事なのでしょうか? ここの馬場って芝とかダートじゃなく、実はアスファルトとかで舗装されてたりするのでしょうか?

ま、それはさておき公開調教。プレビューはもう1日あるので、そちらに勝負を賭けている馬も多数いると思いますが、とりあえずは1回目の公開調教で気になった馬を数頭挙げてみましょう。

で、まず目に付いたのは、Hip50のこの馬。うん、芦毛イイですよね、芦毛。考えてみたら芦毛って一度も出資した事がないので、一度は出資してみたいような気がします。動きもタイムも水準以上ですし、母自身はさほどハデな活躍をしてはいないので、何とかブルジョワメリケン人とかオイラーでアラブーな人達の一瞬の隙を突いて、15万ドルぐらいでゲットできないものだろーか?

あと気になったのは、HIP123のこの馬。大半の馬は実質1ハロンの追い切りなのですが、この馬は2ハロンから追い切って21秒4の好タイム。走りそのものは正直、別段ピンとはきませんでしたが、ティズナウ産駒は日本でもボチボチ結果が出ておりますし、何よりもこの馬を手掛けるコンサイナーは、ワールドアベニューと同じ所です。んー、20万ドルぐらいで何とかしてくれないでしょか?

ちなみにその他では、60番とか111番とか167番とかはナカナカ良く見えました。特に167番は抜けて良く見えた次第。でもこの3頭はどぉせ、イギリスのでっかい馬喰軍団と、青い勝負服の石油王が引っ張り合って、どっちかが持って行っちゃうんだろーなぁ…。

後日の公開調教の際も(たいくうんさんが過労死してなければ)目に付いた馬をこちらで述べさせて頂きます。でもホント、今年も良い馬を競り落とせればイイですねー!!
posted by たいくうん at 02:15| ☀| Comment(8) | 馬その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月04日

ロックさん

昨日は夜中に急遽出勤して、そのまま職場にて爽やかでステキな朝を迎えました。その後、早朝に帰宅の途に就くようなカンジだったら

「嬉し恥ずかし朝帰り☆」

的な趣もあったのですが、何か気付いた時にはもぉ深夜出勤の流れのまま、今日の仕事に突入しておりました。…で、さっきよぉやく帰宅した次第。気分的には

「うれし はずかし あさがえり☆」

というよりも

「じこし かろうし もんぜつし☆」

みたいなカンジです。何かもーガチで眠いです。眠さのレベルなら、このヒトにも絶対負けない自信満々です。

いやはやそれにしても、さすが三十路だね。身体のムリが全く効かないね。過労死への階段を、確実にまた1段登っちゃったね。果たして(東京同レース2頭出し予定の)11日まで生きていられるのだろーか? ううむ…。

さて、結構前のネタなんですが、この記事(↓)。

http://keiba.radionikkei.jp/news/20061023K01.html

ロックオブジブラルタルが輸入されるとの事で、個人的にはかなりビックリしています。うん、ホントにビックリだ。…どれくらいビックリしたかというと、中学生の頃

「2組に卓球部の坂田ってヤツいるだろ? アイツ、ホモらしいぜ?

というウワサを聞いちゃった時と同じぐらいビックリしました。ううむ、どぉりで坂田君、僕を見る視線に熱がこもってた訳だ……。イケメソはツラいね。

それはさておき、上記のロックなんちゃらの本邦導入、僕が思っていた程には話題になっていないんですよね。ナンデナンデ? やっぱり今は、ホモもゲイもありふれた世の中だからでしょーか?(いいかげん坂田君の話題から離れましょう)日本への適正はビミョーですが、輝かしい競争成績からも、僕はかなり大きな期待を寄せております。これまででしたら、サウスニアのマル外ぐらいでしか縁のなかった馬だと思いますが、今後は当然もっと身近になるでしょうし、機会があったら是非1度は産駒に出資してみたいです、ハイ。

とりあえず今日は寝ます。…パトラッシュ、何だかボク、とっても眠(以下略
posted by たいくうん at 22:24| 🌁| Comment(2) | 馬その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月31日

何と言うか…

とりあえず、まぁ箇条書きで書いときます。

グリーンのパーティーへ行った。
最後の全員撮影の際、不逞にも写真撮影に参加せず、約100名中独りだけ、写真撮影に参加しなかった。

そしたら加用調教師っぽいオジサンが、僕のところへやってきて

「君は今日天皇賞勝った安藤君の横で写真に映りなさい」

と言って、僕の腕を引っ張って、100名近い記念撮影の上座へ案内(約100名全員が注目している最中)してくれた。

そこには、今日天皇賞を勝ったばかりの安藤ジョッキーっぽい人がいた。で、安藤ジョッキーの真横の上座で写真撮影…。

まぁね、僕を引っ張ってってくれたヒトは、加用調教師似の単なるオジサンかもしれないし、僕の隣で集合写真に映ってくれたヒトは、安藤ジョッキー似の素人さんかもしれません。つーか、その方が説得力があります。いやホントに…。もしくは白昼夢とか。

何かね、写真撮影のあと、色々な会員さん(初対面)に

「いやマジ凄いっすね、度胸ありますね」

とか言われたので、HN(たいくうん)を自己紹介したところ、帰宅後メールチェックしたら、メール7通(初対面のヒト4通・旧知の方3通)も届いてた…いやはや、凄いというか、ヤバイというか…。真贋の程は別として、いやはや何と言うか、本当に想い出深い一日となりました。んーホントに凄かった…。
posted by たいくうん at 23:24| ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | 馬その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする