2017年03月16日

今年のトレセー馬

そりゃ紫外線はアブナい存在ですが、これはやり過ぎだと思うの・・・(↓)。













【CIAの暗殺部隊も真っ青な手際の良さ】
074.jpg






こんな目に遭っちゃうなら、そりゃみんな紫外線に気を付けるようになる・・・という意味では、これ以上ない啓発ポスターだと思います。

さて本題。

3月初旬、グリーン関連で長年御世話になっているイケメン兄さん(仮称)からメール着信。

「あ、イケメン兄さん(仮称)からだ。何のメールかな? 借金の申込とかだったらどうしよう

とか大変失礼な事を考えながらメールを確認してみたところ

「那須野でマル外買ってますね」

との事。おぉ、さすがイケメン兄さん(仮称)、情報が早い。そっかぁ、もぉトレーニングセールの時期かぁ…。たいくうんさんも昔は、セールの名簿発表の段階から

「今年はどのウマ落としてくれるかな?」

とかワクワクしていましたが、今年はイロイロとバタバタでトレーニングセールの存在すら忘れてましたよ。・・・ううむ、トシを取るってこぉいう事なんでしょうかね?

で、帰宅後、ファシグティプトンのサイトを確認。上場馬のリストを見て真っ先に思った事が

「『OUT』のウマ、例年以上に多過ぎじゃね?」

という事。ざっと見ただけで正確には数えていませんが、多分3分の1以上は『OUT』になってる…。あれですよね? 『OUT』って、セリ前に

「最後は金目だろ?」

って言って、ジェラルミンケースに入った札束の山見せて、ウラ取引でセリ本番前に売買契約しちゃうヤツ(←悪意を持ってヘンな言い方すんな)。・・・元々『OUT』多いセールのイメージはありましたが、今年はちょっと多過ぎじゃないでしょうか?(いつもこんなモン?) でもこれだけOUT多いのって、もしこれが野球拳だったらそれこそ大変な事になってしまいますよ?(イミ判んねーよ)

ちなみに今年は、昨年比でセールの売却総額・平均価格・中間価格全てが結構上がってる数字なので、(買う側からすると)ナカナカに難しいセールだったのでしょうか?

まぁ魯鈍なたいくうんさんの感想はさておき、今回那須野牧場が落札したウマを見てみましょう。今回落札したのはこのウマです。

タイムの10:3は、まぁ平均的な水準。このウマの父であるMajesticperfectionはケンタッキーオークス馬を輩出しているようですので、上手く行けば中距離でもイケそうな気はしますが、基本的に産駒は短距離馬が大半みたいですし、母系も概ね短距離一族みたいですので、やはりこのウマも短距離馬でしょうか? ちなみに母系辿ると、OP馬のマイネアイルとかの名前も見られます。そんなこんななカンジの血統で、お値段は10万ドルポッキリだったみたいです(ポッキリってゆーな)。でも走り方とか見たカンジとか、もしかして今年は和田先生じゃないヒトがアドバイザーになってる? 走ってるイメージ的には、アースリヴィングとかアースグリーンを連想しました(←ナドと無責任なコト言ってますが、今回もフツーに和田先生チョイスだとは思います)。

皆さんはこのウマ、どのようにお感じになりましたでしょうか? ・・・まー現時点ではまだグリーンファームで募集される事が決定した訳ではないですが、とりあえず今後の流れをボチボチと注視していきたいです(もし募集が正式決定したら、たいくうんさんは問答無用で出資しちゃうでしょうケド)。

さて、今週はルーチェミラコロが土曜阪神3Rの未勝利戦に出走します。前走が目を覆うような惨敗だったので、これはもぉアレかもしれませんが、1400よりは断然1200のウマでしょうし、減量騎手効果で何とか巻き返しを果たして欲しいです。トレーニングセール馬に出資する資金を捻出する為にも、何とか頑張ってー!!
posted by たいくうん at 19:13| 茨城 ☀| Comment(0) | 出資馬色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: