2017年07月06日

激速

たいくうんさん、昔はね、競馬と同じぐらいF1が大好きだったんですが、ここ15年ぐらいはナカナカに御無沙汰なカンジだったんですよ。

で、しばらくF1観てない間に、マシンもレギュレーション(ルール諸々)も大幅に変遷を遂げてきたみたいですが、レース中のタイヤ交換、アレも劇的な進化を遂げてるみたいですね。ちなみにたいくうんさんの知ってるタイヤ交換ってこれぐらいのイメージです。

うん、解説の今宮さん懐かしいですね。・・・で、上記動画のタイヤ交換でも(当時としては)充分に及第点なレベルだと思うのですが、今のタイヤ交換の完璧レベルはこんなカンジみたいです。

最初の動画は給油も込みなので、単純比較するのもアレなんですが、タイヤ4本交換するのに1.92秒って凄まじい世界ですよね・・・。激しいまでの速さ・・・まさに激速です。

詳しいメカニズムは知らないんですが、タイヤ交換してるピットクルーが持ってる、まるでレーザー光線とか発射できちゃいそうな銃みたいなヤツ(ナットを締める電動工具)、アレの進化が激速のポイントらしいですね。パッと見、『ゴーストバスターズ』に出てくるような銃にしか見えないのにねぇ(判り難い表現だな)。いやはやホント、相変わらずF1の世界の進化は凄いなぁ・・・。


さて、先週の日記ネタにしたグリーンファームの2017年募集馬(2016年産募集馬)のラインナップ、昨日公式HPに掲載されました。うおぉ・・・遂に今年もこの時期が来たか・・・。まずは早速、ひととおり概観してみましょう。

【2017年 グリーンファーム募集馬(予定)】
牝・アースサウンドの2016(父:ロードカナロア)
牡・アースリヴィングの2016(父:オルフェーヴル)
牡・アドマイヤヒラリーの2016(父:トーセンホマレボシ)
牡・カドリーユの2016(父:スマートファルコン)
牡・クィーンスプマンテの2016(父:オルフェーヴル)
牝・サクラサクUの2016(父:オルフェーヴル)
牡・ジュエルオブナイルの2016(父:ノヴェリスト)
牝・シルヴァーカップの2016(父:ハーツクライ)
牝・ツルマルオトメの2016(父:ヴィクトワールピサ)
牡・デフィニットの2016(父:ゴールドアリュール)
牝・ハートビートワルツの2016(父:ハーツクライ)
牝・ファビュラスセンスの2016(父:エイシンフラッシュ)
牝・プランタンビジューの2016(父:ワークフォース)
牡・マウントフジの2016(父:グランプリボス)
牡・マルカアイチャンの2016(父:アイルハヴアナザー)
牝・ラヴアズギフトの2016(父:スウェプトオーヴァーボード)
牝・ラクリモーサの2016(父:タートルボウル)

血統的な目玉は、やはりサクラサクUの2016でしょうか? たいくうんさん、一瞬見逃しそうになっちゃいましたが、エイジアンウインズ(ヴィクトリアマイル優勝・阪神牝馬S優勝)やエバーブロッサム(オークス2着・フローラS2着)の半妹です。いや、随分と見映えのする字面の血統馬が来ましたね・・・。グリーン募集馬でちょこちょこ見かける

「良血だけど母高齢ゆえ・・・」

というパターンですが、最近グリーンで募集された母高齢良血馬は、ファンタジステラにせよハムレットにせよ、キッチリと一定以上のクオリティを発揮しているので、(リスクは当然ありますが)これは是非押さえておきたいです。とりあえず出資申込決定。

・・・んーあとは、アースリヴィングの2016は長男なので、御祝儀的なイミでこれも出資申込決定。

それとアースサウンドの2016、これも父ロードカナロアってのがオモシロそうなので、出資申込決定かな?


たいくうんさん、画像にせよ動画にせよ、ウマを見るコトが全くできない、センス完全ゼロな人間なので、今年の出資申込馬検討はこれで終了です。

・・・んー、もはや上記の1.92秒タイヤ交換並の激速検討・・・って言うか、ここまで魯鈍なコト記してると

「オマエ、ヤル気あんのか?」

とか言われてしまいそうな気もしますが、たいくうんさんはいつもこの趣味に全力投球デスヨ!!(じゃあもぉちょっと時間掛けて考えろよ)

まぁでも実際、会員優先期間の申込馬はこの3頭で決定ですが、多分その後もポツポツと気分次第で何頭か追加出資はしていくと思います(来年の海外トレーニングセール募集馬も出資するでしょうし)。

今はとりあえず、この3頭に無事出資できる事を願っています。んーどぉなるかなぁ・・・? 


で、皆さんはどのウマが気になりましたでしょうか? 最近はこのブログも廃れ切っている事も鑑み、そろそろこの一口馬主日記をおしまいにする事も真剣に考えている(コレは本当)ので、もし叶う事でしたら、イツモオセワニナッテマスの御方も、オヒサシブリな御方も、ハジメマシテの御方も、沢山コメントが付く事をオジサンは密やかに願っております。んー、こちらもどぉなるかなぁ・・・? 相変わらずの反響の薄さで絶望しちゃう予感しかしませんが、もし気が向いたらホント、願わくばオジサンのコト構ってやって頂ければサイワイです。どうかどうか何卒、ナニトゾ宜しくお願いいたします。ううむ・・・。
posted by たいくうん at 16:40| 茨城 ☁| Comment(8) | 出資馬色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする