2017年07月28日

今週は3頭

今日は初対面の業者さん(50代半ばぐらい?)とシゴトの打ち合わせ。

結構厄介な案件だったんで、ナカナカにアレなカンジだったんですが、とりあえずは無事に打ち合わせ終了。・・・で、その後10分ぐらい雑談したんですが、(どういった流れでその話題になったのかは忘れましたが)ナニユエかカラオケの話題となり、たいくうんさんが

「あー、『ランナー』とかもカラオケで歌うと気分爽快ですよねー」

って言ったら、先方の業者さんも

「そうそう!! あの曲、私も大好きなんですよ!!」

とのリアクション。・・・で、何か嬉しくなっちゃったたいくうんさん、『ランナー』についての話題を少し振ってみたのですが、何だか少し会話が嚙み合わない・・・。業者さんが帰った後

「初対面の御方だからこんなものなのかな? それともやっぱ、たいくうんさんコミュ障なのか?

とかイロイロ考えたのですが、多分ですね、多分なんですけどね、会話の内容を総合的に考えると、たいくうんさんが言及した『ランナー』はコッチで、業者さんが反応した『ランナー』はコッチだったんだと思う・・・。やー、毛色は全く違う歌ですが、どちらもカラオケで巧く歌えたら、オンナノコにヒジョーにモテそうですねー(特に後者の歌)。・・・それにしても(爆風スランプの)ランナーは29年前、(マクロスの)ランナーに至っては、実に35年前の歌ですか・・・。最近は毎回毎回、ホントに毎回同じようなコトばかり言ってますが、いやはや本当にたいくうんさん、トシ喰ったなぁ・・・。


今日は(上述の打ち合わせ含め)ナカナカに仕事がヘヴィだった事に加え、今週土日は朝6時出勤なので、本題の方はサクッと行きます(前フリで余計なコト書くなら本題充実させろよ)。今週は明日29日の新潟9R閃光特別にアースミステリーが、同日小倉11R薩摩Sにアースコネクターが、そして30日の日曜札幌3Rの未勝利戦にルーチェミラコロが出走予定です。

・・・正直言って3頭とも

「仮に巧くハマったとしても、掲示板乗れれば御の字かな」

ってカンジではありますが、願わくば少しでも良い結果を・・・叶う事であれば最良の結果を挙げてくれるよう祈っております。

年初の2勝以降、全く勝ち星のナイ状況が続いてますが、そろそろこの辺で何とかならないでしょうか?(誰に聞いてんだよ) でもホント、3頭とも頑張れー!!
posted by たいくうん at 23:28| 茨城 ☁| Comment(2) | 出資馬色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月21日

答え合わせ

「あまりにも斬新な先進性に時代が追い付かなかった」

というコトって、この世の中多々ありますが、今でも

「ああまだ早過ぎたなぁ・・・」

と思うのが、今から約25年前、ガチに四半世紀前に発売されたこのゲームのオープニングです。実はこのゲーム、大物でいうと谷啓さん、それ以外にも(今ほど売れっ子になる前の)久本雅美さんや柴田理恵さんが声の出演を果たしていたりします。

結局、セールス的には全然ダメだったゲームなんですが、んーやっぱり斬新な先進性に時代が追い付かなかったってコトですかね? ・・・そしてこのゲームを発売日に、しかも予約までして買い求めたたいくうんさんの感性も、斬新な先進性に時代が追い付かなかったっていうコトでしょうか?(アンタの場合単にセンス無いだけだろ)


さてそんな訳で、前回の日記ネタにてグリーンファーム愛馬会2017年募集馬(2016年産募集馬)の募集価格予想なんぞをやらせて頂いたのですが、本日、グリーンファームの公式HPにて価格の正式発表がありましたので、早速答え合わせをしてみましょう。あ、馬名の後の価格が正式な募集価格、カッコ内がたいくうんさんの予想価格です。

牝・アースサウンドの2016 2000万円(2000万円)
牡・アースリヴィングの2016 2000万円(2400万円)
牡・アドマイヤヒラリーの2016 1200万円(1200万円)
牡・カドリーユの2016 1400万円(1200万円)
牡・クィーンスプマンテの2016 2400万円(2600万円)
牝・サクラサクUの2016 1400万円(1800万円)
牡・ジュエルオブナイルの2016 2000万円(2200万円)
牝・シルヴァーカップの2016 1600万円(1000万円)
牝・ツルマルオトメの2016 1500万円(1200万円)
牡・デフィニットの2016 1800万円(1800万円)
牝・ハートビートワルツの2016 1800万円(1000万円)
牝・ファビュラスセンスの2016 1200万円(800万円)
牝・プランタンビジューの2016 800万円(1000万円)
牡・マウントフジの2016 1000万円(1000万円)
牡・マルカアイチャンの2016 1600万円(1400万円)
牝・ラヴアズギフトの2016 1200万円(1000万円)
牝・ラクリモーサの2016 1000万円(800万円)

・・・まぁ答え合わせの正答率はひとまず置いといて、全国1000万人のグリーンファーム会員の全員が、サクラサクUの2016の価格を見た瞬間、何かしらの飲料を噴いた事と思います。たいくうんさんは最近、職場の休憩時間に(健康管理の一環として)ヤクルト製品を飲んでいるので、今日は豪快にヤクルトカロリーハーフ噴いてしまいました。

やー、この価格ですと色々とザワつきそうな予感もしますが(苦笑)、そもそもグリーンのウマって、良血ながら異様に安いウマとかでも、走る時は(血統の字面のクオリティどおりに)結構フツーに走っちゃいますからねー。数年前のウイングドウィールも、母ウイングレットなのに募集価格1400万円ってコトで、募集時に結構様々な所でイロイロ言われていましたが、終わってみれば8000万近い現ナマ(現ナマってゆーな)を稼ぎ出してくれました。今回のサクラサクUの2016の価格、色々と話題になりそうですが、んー果たしてこのウマはドッチの結果に出ますかねー?

で、件の答え合わせの結果は、ピタリ賞が4頭でした。・・・んーまー魯鈍なたいくうんさんとして上出来なのではないでしょうか? 価格一覧を概観して、ヒジョーに印象に残ったのは(上のサクラサクUのハナシと被りますが)オルフェーヴルの仔の価格が総じて安い(安く感じた)という点。今年のセレクトセールでもオルフェーヴル産駒は総じて安く取引されていたように感じたのですが、競争年齢に達した初年度産駒のカタチとか気性とか、ちょっとイマイチなカンジなんでしょうかね? でもまぁ実際に走り始めたサンプル数は少ない訳ですし、逆に今が仕込み時・・・といったカンジで、ここは一つたいくうんさん(冒頭のような)斬新な先進性を発揮して、グリーンのオルフェーヴル募集馬フルコンプ・・・とかいう作戦もアリですかねー?


さて、今週は22日(土)の中京12Rにハムレットが出走します。休み明け3戦を

「11着 → 6着 → 4着」

と来ているので、今回はこのクラスで初の馬券圏内を目指して欲しいです(レインボーフラッグには到底勝てそうにナイし)。やーでもホント、今回も不利なく無事に、そして願わくば少しでも良い結果が創出されればイイなぁ・・・。何とか頑張って欲しいです、うん。
posted by たいくうん at 21:50| 茨城 ☀| Comment(2) | ハムレット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月15日

値付け

さて、今日はですね、このブログ恒例の

「良いカンジだったのに売れなかった曲」

のコーナーから行ってみましょう。・・・・・・んー、まぁそんなコーナー、このブログでやった事1度もナイんですけどね。それぐらいこのブログも切羽詰まってる感アリアリな様相な訳なんですが、その辺りは敢えて気にせず行ってみましょう。

今日御紹介する曲は、世界のヒロミゴウ(フツーに郷ひろみって言えよ)の曲です。・・・7〜8年前ぐらいに、『ビリーザブートキャンプ』とか『コアリズム』とかが異常に流行った時期に出た、新手のエクササイズDVDのイメージテーマになってたこの曲、ナカナカに(と言うか実はカナリ)良い曲だったと思うのですが、結局ブレイクの兆しはなく、いつの間にやら埋没してしまいました。んー、結構イイ曲だったと思うんですけどねー。とりあえず、まずは皆様も聞いてみて下さい。

・・・んー曲はモチロン良いカンジなんですが、それよりも何よりも郷ひろみさん、赤いジャケット着てヒジョーにカッコ良いカンジですが、このヒト、赤いジャケットどころか赤いちゃんちゃんこ着るトシ(60歳)超えてるんですよねー。いややっぱりスゴイや、ヒロミゴウ・・・(だからその呼び方ヤメロって)。


・・・で、本題。最近珍しく頑張ってブログ更新してるのに、そぉいうタイミングに限って今週も出資馬の出走ナシ・・・。仕方がナイので、先日発表されたグリーンファーム愛馬会の2017年募集馬(2016年産募集馬)の価格予想でもしてみましょう。・・・とは言っても、ボチボチ長い期間(約20年)グリーン馬の価格を見続けてきた感覚のみの、極めて超テキトーな予想なので、もし1頭でもピタリ賞で当たってたら、褒めてやって下さい。

牝・アースサウンドの2016 2000万円
牡・アースリヴィングの2016 2400万円
牡・アドマイヤヒラリーの2016 1200万円
牡・カドリーユの2016 1200万円
牡・クィーンスプマンテの2016 2600万円
牝・サクラサクUの2016 1800万円
牡・ジュエルオブナイルの2016 2200万円
牝・シルヴァーカップの2016 1000万円
牝・ツルマルオトメの2016 1200万円
牡・デフィニットの2016 1800万円
牝・ハートビートワルツの2016 1000万円
牝・ファビュラスセンスの2016 800万円
牝・プランタンビジューの2016 1000万円
牡・マウントフジの2016 1000万円
牡・マルカアイチャンの2016 1400万円
牝・ラヴアズギフトの2016 1000万円
牝・ラクリモーサの2016      800万円


・・・んんんー、こんなモンでしょうか? どんなモンでしょうか? ちなみに根拠は全く以てゼロです。殆ど何も考えずに値付けしてみました。それ故、コメントできるような事は殆どナイのですが、強いて言うのであれば、サクラサクUに関しては逆に2000万越えの方が、安心感と言うか何と言うか、何も考えずに飛び込めるような気がします(ナンだソレ?)。

上記値付け、皆様の感覚的にはいかがでしたでしょうか? でもホント、今後の厩舎発表、そして価格発表が待ち遠しいです。んー、今年はどんな値付けになるのかなー?
posted by たいくうん at 23:26| 茨城 ☁| Comment(8) | 出資馬色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月06日

激速

たいくうんさん、昔はね、競馬と同じぐらいF1が大好きだったんですが、ここ15年ぐらいはナカナカに御無沙汰なカンジだったんですよ。

で、しばらくF1観てない間に、マシンもレギュレーション(ルール諸々)も大幅に変遷を遂げてきたみたいですが、レース中のタイヤ交換、アレも劇的な進化を遂げてるみたいですね。ちなみにたいくうんさんの知ってるタイヤ交換ってこれぐらいのイメージです。

うん、解説の今宮さん懐かしいですね。・・・で、上記動画のタイヤ交換でも(当時としては)充分に及第点なレベルだと思うのですが、今のタイヤ交換の完璧レベルはこんなカンジみたいです。

最初の動画は給油も込みなので、単純比較するのもアレなんですが、タイヤ4本交換するのに1.92秒って凄まじい世界ですよね・・・。激しいまでの速さ・・・まさに激速です。

詳しいメカニズムは知らないんですが、タイヤ交換してるピットクルーが持ってる、まるでレーザー光線とか発射できちゃいそうな銃みたいなヤツ(ナットを締める電動工具)、アレの進化が激速のポイントらしいですね。パッと見、『ゴーストバスターズ』に出てくるような銃にしか見えないのにねぇ(判り難い表現だな)。いやはやホント、相変わらずF1の世界の進化は凄いなぁ・・・。


さて、先週の日記ネタにしたグリーンファームの2017年募集馬(2016年産募集馬)のラインナップ、昨日公式HPに掲載されました。うおぉ・・・遂に今年もこの時期が来たか・・・。まずは早速、ひととおり概観してみましょう。

【2017年 グリーンファーム募集馬(予定)】
牝・アースサウンドの2016(父:ロードカナロア)
牡・アースリヴィングの2016(父:オルフェーヴル)
牡・アドマイヤヒラリーの2016(父:トーセンホマレボシ)
牡・カドリーユの2016(父:スマートファルコン)
牡・クィーンスプマンテの2016(父:オルフェーヴル)
牝・サクラサクUの2016(父:オルフェーヴル)
牡・ジュエルオブナイルの2016(父:ノヴェリスト)
牝・シルヴァーカップの2016(父:ハーツクライ)
牝・ツルマルオトメの2016(父:ヴィクトワールピサ)
牡・デフィニットの2016(父:ゴールドアリュール)
牝・ハートビートワルツの2016(父:ハーツクライ)
牝・ファビュラスセンスの2016(父:エイシンフラッシュ)
牝・プランタンビジューの2016(父:ワークフォース)
牡・マウントフジの2016(父:グランプリボス)
牡・マルカアイチャンの2016(父:アイルハヴアナザー)
牝・ラヴアズギフトの2016(父:スウェプトオーヴァーボード)
牝・ラクリモーサの2016(父:タートルボウル)

血統的な目玉は、やはりサクラサクUの2016でしょうか? たいくうんさん、一瞬見逃しそうになっちゃいましたが、エイジアンウインズ(ヴィクトリアマイル優勝・阪神牝馬S優勝)やエバーブロッサム(オークス2着・フローラS2着)の半妹です。いや、随分と見映えのする字面の血統馬が来ましたね・・・。グリーン募集馬でちょこちょこ見かける

「良血だけど母高齢ゆえ・・・」

というパターンですが、最近グリーンで募集された母高齢良血馬は、ファンタジステラにせよハムレットにせよ、キッチリと一定以上のクオリティを発揮しているので、(リスクは当然ありますが)これは是非押さえておきたいです。とりあえず出資申込決定。

・・・んーあとは、アースリヴィングの2016は長男なので、御祝儀的なイミでこれも出資申込決定。

それとアースサウンドの2016、これも父ロードカナロアってのがオモシロそうなので、出資申込決定かな?


たいくうんさん、画像にせよ動画にせよ、ウマを見るコトが全くできない、センス完全ゼロな人間なので、今年の出資申込馬検討はこれで終了です。

・・・んー、もはや上記の1.92秒タイヤ交換並の激速検討・・・って言うか、ここまで魯鈍なコト記してると

「オマエ、ヤル気あんのか?」

とか言われてしまいそうな気もしますが、たいくうんさんはいつもこの趣味に全力投球デスヨ!!(じゃあもぉちょっと時間掛けて考えろよ)

まぁでも実際、会員優先期間の申込馬はこの3頭で決定ですが、多分その後もポツポツと気分次第で何頭か追加出資はしていくと思います(来年の海外トレーニングセール募集馬も出資するでしょうし)。

今はとりあえず、この3頭に無事出資できる事を願っています。んーどぉなるかなぁ・・・? 


で、皆さんはどのウマが気になりましたでしょうか? 最近はこのブログも廃れ切っている事も鑑み、そろそろこの一口馬主日記をおしまいにする事も真剣に考えている(コレは本当)ので、もし叶う事でしたら、イツモオセワニナッテマスの御方も、オヒサシブリな御方も、ハジメマシテの御方も、沢山コメントが付く事をオジサンは密やかに願っております。んー、こちらもどぉなるかなぁ・・・? 相変わらずの反響の薄さで絶望しちゃう予感しかしませんが、もし気が向いたらホント、願わくばオジサンのコト構ってやって頂ければサイワイです。どうかどうか何卒、ナニトゾ宜しくお願いいたします。ううむ・・・。
posted by たいくうん at 16:40| 茨城 ☁| Comment(8) | 出資馬色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする