2016年11月25日

12年(副題:今週はグリーンファーム愛馬会の集い)

イキナリですが、皆さんは

『プレイステーションプラス』

って御存知でしょうか? 名前のとおり、ソニーがやってるゲーム関連のサービス(月会費制で有料)なんですけどね、コレに

『フリープレイ』

っていうコンテンツがあって、過去に売れたゲーム(逆に評価は高かったけどセールス的には厳しかったゲーム)とかが、毎月4〜5本タダでダウンロードできるんですよ。たいくうんさん、最近は全然ゲームなんてやらなくなっちゃったんですが、それでもこの『フリープレイ』で配信されるゲームがナカナカにお得感が高いので、お試しで『プレイステーションプラス』に加入してみたんです。

で、このプレイステーションプラス、たまに

「今月、プレイステーションプラス●ヶ月分を御購入のお客様には、●●円分のサービスクーポンをプレゼント」

とか

「今月、プレイステーションプラス●ヶ月分を御購入のお客様には、追加で●ヶ月分をサービス」

みたいなキャンペーンをやってたんです。たいくうんさん的には

「せっかく1度入ったサービスだし、しばらく長期間付き合ってもイイかな?」

と思っていたので、そぉいったサービスがある度にちょこちょこ購入していたんですが、先日ふと我に返り

「もしかしたら、もぉ3年分・・・いや5年分ぐらいはプレイステーションプラスの権利購入しちゃってるんじゃなかろーか?」

と思ったので、どれぐらい先まで購入しているのか調べてみたところ・・・












【12年先まで購入してたでござるの巻】
DSC_0015.JPG






・・・あーいや12年って・・・このトシになるとリアルにヘタしたらその頃もぉ生きていないという可能性すらあります。そもそも12年っていうのがどれぐらいの長さか想像し難かったので、過去に遡って12年という長さを体感してみる事にしました。えーと、12年前っていうと2004年?







【こんな事があったよ、2004年】
・小泉首相が北朝鮮訪問。平壌で日朝首脳会談
・新紙幣発行。五千円札が樋口一葉、千円札が野口英世に。
・巨人の清原和博選手、2000本安打達成
・流行語大賞:「チョー気持ちいい」

あー、確かに時代を感じますよねジダイを感じますよね。流行語大賞のヒトは既にアスリート引退しちゃいましたし、名球会入りのヒトはアスリート引退どころか服役デビュー果たしちゃいましたしね・・・。んーやっぱ長いよなぁ12年。・・・つーか、この『プレイステーションプラス』ってサービス、そもそも論として、あと12年続くのか?(多分消滅してると思う・・・)。


あ、そして今週はグリーンファーム愛馬会の集いが27日にシンジュクのパークハイアット東京にて開催されます。ここ数年はお知り合いの参加者も激減してしまった(昔は参加者の約半数は知り合いぐらいなイキオイだったのにねぇ)ので、今年も会場の隅に置いてあるピアノの脇のイス(通称ピアノ席:たいくうんさん命名)に座っている2時間になると思います(←オマエ何のために参加してんだよ)が、今年こそは愛馬会の集いを通じて新しいオトモダチができるとイイなぁ・・・。愛馬会の集いに参加される皆様、会場の隅に設置されてるピアノの脇のイス近辺に座ってる40代のチビデブメガネは間違いなくボクですので、気が向いたら是非たいくうんさんのオトモダチになってやってクダサイ。

ちなみに今週は明日26日の1Rにて、アースオブフェイム(アースサウンドの仔)がデビュー2戦目を迎えます。鞍上が戸崎さんに代わるようで、現在は1番人気の見込みのようですが、んー距離の1400がどぉ出ますでしょうかねー? 明日は仕事がアレな感じになりそうなのでユーウツなんですが、イイ感じの朗報が届く事を期待しております。ガンバッテー!!
posted by たいくうん at 23:47| 茨城 ☁| Comment(5) | 出資馬色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月04日

親子2代の

懐古主義と言うべきか、オッサン志向と言うべきか、最近のたいくうんさんは渋めのモノを愛でる(?)傾向がヒジョーに強い(先日御紹介したタップダンスとか)のですが、今日御紹介するヤツもナカナカに渋めなヤツです。今回は音楽界隈のモノなのですが、外国の動画なんで、冒頭で司会者のヒトと演奏者のヒトが何喋ってんのかはよくワカリマセン。ただ、やりとり的には

司会者「その小さな楽器の演奏を聴いて、周囲の人達の反応はどうですか?」
演奏者「よく言われるのが『ふーんそれで?』とか『おうち帰りな』とかかな? この御時世、こんなちっぽけな楽器じゃそんなもんだよ。でも昔、僕のおじいちゃんはこんな風に聞かせてくれたよ(ここから演奏スタート)」

といった風な会話らしいです。たいくうんさん、いつも英語赤点だったからホントかどうかは知りません(無責任だなオイ)。・・・まー冗長な前置きはさておき、とりあえずみんなで観てみましょう。


・・・いやいやいやいや、最初一瞬だけ

「少し地味かな?」

とか思ったんですが、中盤から終盤にかけてはホント凄まじいですよね。演奏終了後のスタンディングオベーションも心底頷けます。・・・まぁ天下にその名を轟かすカーネギーホールにて演奏してるんですから、(この御方の素性は存じませんが)日本で言ったら文化勲章授与されちゃうレベルの御方なんでしょうねー。


で、ウマのハナシ。今週はアースオブフェイムが日曜東京4Rの新馬戦にてデビューを迎えます。丁度偶然(ボク的には大変珍しい)日曜休暇と重なっていたので、折角なので現地まで応援に行く事にしました。ちなみにお母さんのアースサウンドのデビュー戦も新潟まで観に行ったので、これで親子2代のデビュー戦現地観戦となります。あ、お母さん(アースサウンド)のデビュー戦、レース内容は殆ど覚えていないのですが、『新潟駅クレープ事件』だけは今でも鮮明に覚えています。

あー、でもこの時(↑)が2009年だから、7年ちょっとが経過したカンジなんですねー。んー7年かぁ。物凄く長いような、逆に短いような、ちょっとフシギな感覚です。

で、今週デビューするアースオブフェイム、調教は良くも悪くも若干地味なカンジがしますが、今日御紹介した動画のオジサンのように

ちょっと地味 → 終盤ド派手なパフォーマンス → スタンディングオベーション発生

みたいな展開を期待したいです(それは期待し過ぎだろ)。まぁまずはとりあえず、今後に繋がるような競馬を、そして願わくば最良の結果を創出してくれる事を心底より願っております。ホント、お母さんに少しでも近付けるよう、精一杯頑張れー!!
posted by たいくうん at 23:39| 茨城 ☁| Comment(4) | 馬その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする