2016年04月22日

OBS

このブログでは滅多にやった事ナイですが、先週のレース回顧。

皐月賞のリスペクトアースは17着でした。レース後骨折も判明してしまい、字面では踏んだり蹴ったりな内容でしたが、それでもあの強風(というかもはや暴風)の4月17日の中山競馬場。リアルな馬主さんを泰山とすれば、まさしく鴻毛の如き存在ではありましたが、それでも限りなくゼロに近い極少の割合であったとしても、あのレースの当事者の一部として現地にて立ち会えた事は、僕にとって本当にかけがえのない想い出となりました。関係者の皆様、本当に本当に有り難うございました。骨折は全治3か月程度らしいので、是非無事に順調に快復を果たしてもらって、秋のトライアル戦、そして再び晴れやかな舞台へ僕を誘って欲しいです。

で、先週出走した他の4頭のうち3頭は

ミューラルクラウン → 見せ場なく15着 → 引退
レインオーバー → 絵に描いたような出遅れ → 8着
アースゼウス → 逃げ馬らしい豪快な逆噴射 → 10着

といったカンジでナカナカにキビシイ結果だったのですが、日曜阪神1Rに出走したオープンユアアイズは、小崎騎手の好騎乗で見事快勝してくれました。おおお、嬉しいウレシイ。このブログでも色々とネタにしちゃった同馬ですが、3戦目での勝ち上がり、本当に有り難い限りです。今後も是非是非、頑張って欲しいです。やーでもホント、オープンユアアイズの快勝、本当に嬉しかったなぁ…。



で、今日の本題。
毎年この時期は、グリーンファームの2歳トレーニングセール馬募集を非常に愉しみにしているのですが、今年はファシグティプトンでもバレッツマーチでも落札が無かったようなので

「あー、今年は価格が折り合い付かなかったのかな? じゃあトレーニングセール馬に出資する予定だった資金は、何か別のモノでも衝動買いしちゃいましょうかね?」

といったカンジで、たいくうんさんもぉ完全に緩み切っていたんですが、先日のOBSセールで2歳馬を買い付けてきたそうです(父Overdriven・母Terry M.)。おおお、ビックリ。たいくうんさん完全に油断しておりました。グリーンの2歳トレーニングセール馬って言ったら、上述のファシグティプトンかバレッツマーチしかアタマに無かったので、結構なカンジで驚いてしまいました。やー、OBSセールですかー。

OBSセールってPOG本とかで存在自体は結構聞いたコトありましたが、魯鈍なたいくうんさん、特にそれ以上の興味はなく、加えてリサーチする勤勉さもなく、ただただ『OBS』って聞く度に

「あー、そのうちどっかのゲーノー事務所とか、40歳以上の女性のみで構成された『OBS48』とか立ち上げそうだなぁ」

とか漫然と考えておりました(いい加減過ぎだろ)。そんな訳でさっぱりワカラナイ情弱ゆえ、何ともアレなんですが、たいくうんさんはたいくんさんなりにイロイロ調べてみようとか思った訳なんですよ。とりあえず昨日の夜、

「グリーンの会員さんとかで海外セール詳しいヒトとか、今回の落札馬について何か書いたりしてないかな?」

と思い(イキナリ他力本願かよ)、まずは

「グリーン  Overdriven」

という2つのキーワードで検索してみたんですよ。そしたらこんな画像や情報が大量に検出されてしまいました(↓)。













【確かにグリーンでOverdrivenでござる】
130621_guriguri.jpg







んー、絵に描いたような(いや実際イラストですから)萌え萌え画像なので、ちょっと調べてみたらイワユル18禁エロゲとの事で、もはやたいくうんさん今回の募集馬そっちのけでこっちの事を調べたくなってしまったのですが、何とかその衝動(煩悩?)を抑えて、今度は

「Overdriven」

で検索したところ、多少は情報が出てきました。こんなカンジです。

たいくうんさん英語全然ワカンナイんですが、生涯獲得賞金が1500万円弱で、種付料が約30万円ってカンジですか? この数字からイメージすると

「競争成績はイマイチだったけど、血統と馬体の良さからスタッドイン」

といったカンジなんですかね? で、その後、更にネットを漁ってみたら、こんな記事もありました。

相変わらずナニ書いてあんのかサッパリですが(←自分の無知を棚に上げてキレ気味になんなよ)、何となく記事の雰囲気から

「Overdrivenの種付料30万円だけど、セリで6000万円近くまで行ったよ。落札した人もスゲー期待を寄せてるよ」

みたいな内容なんでしょうか? でも実際、種付料30万のウマの仔がセリで6000万近くまで吊り上がるってのはナカナカにインパクトありますよね(トレーニングセールだと日常茶飯事なのかな?)。感覚的には、ヤマニンセラフィム産駒がセリで6000万で落札されるようなカンジなんでしょうか?(逆にイミ判んねー喩えだろソレ)

…まーそんなこんなで色々と意味不明なコトを書き連ねてしまいましたが、グリーンのHPに調教プレビューの動画が載ってましたので、こちらでも御紹介しちゃいましょう。


………あー、これはアレですね。いかにもたいくうんさんがアレなカンジのアレですね。タイムの10秒フラットってのもアレですが、何よりも

「調教動画、少し早送りで再生されてない?

って思っちゃうぐらいの、あーいうフットワーク。たいくうんさんはウマ見るセンスゼロなので、走るか走らないからは皆目見当付きませんが、たいくうんさんの好みのストライクゾーンど真ん中であるコトは間違いありません。


といった訳で、今日の日記はこれでおしまい。この趣味やってて最も愉しい時期が、色々なヒトと募集馬についてイロイロ語り合う時期なので、もし気が向いたら、お馴染みのヒトも、初めましてのヒトも、是非色々と御意見をお聞かせ頂ければサイワイです。ナニトゾ宜しくお願いいたしマス!!
posted by たいくうん at 23:50| 茨城 ☁| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月15日

思えば遠くへ来たもんだ

年度末・年度初めのバタバタを理由に、またまた2週間も日記サボっちゃいました。…んーいやはや、コレは本当にイケマセン。冴えないブログが更に磨きを増してしまいます(←日本語オカシイ?)。…やーでもホント、日記更新、もぉチョット頑張んないとなぁ…。


で、今日の本題。
前走の若葉Sで7着だったリスペクトアース、結果が結果だっただけに、(たいくうんさん的には)皐月賞出走の夢はキッパリと諦めたつもりだったんですが、大変幸運な事に今年は皐月賞出走のボーダーが低いらしく、夢のクラシック競争への出走が叶う模様です。おおお、おかあちゃん、クラシック競争だよクラシック!!

…たいくうんさんはですね、グリーンファーム入会後、このクラブ一筋で18年目だったか19年目だったか? まーとにかく約20年近くグリーンに御世話になっているんですが、出資馬のクラシック競争への出走は今回が初めてです。いやはやここまで本当に長かった…。近年はクラブ馬全盛時代ですから、クラシック競争への出走のみでしたら、ヘタしたらこの趣味開始して初年度とかでも達成できてしまう世の中ですが、人生全てにおいてヒキの弱いたいくうんさんは、今回ガチに初めてクラシックの晴れ舞台を経験します。しつこいですが、いやはやここまで本当に長かった…。

リスペクトアースの出走確定後、改めて思いましたが、たいくうんさんもグリーンファームに入会して約20年ですかぁ……。色々と感慨深く、ここ2日ぐらいはたいくうんさんの脳内にはこの曲がエンドレスで流れ続けています。

…んー

「思えば遠くへ来たもんだ」

という歌詞部分にも相当に感慨深いモノがありますが、一番最後の

「この先どこまでゆくのやら」

という部分にも、イロイロと琴線に触れるモノがあります。

「この先」

というのは直近の皐月賞も含まれる訳で、いやはやいやはや、たいくうんさんのグリーンファーム人生、この先どこまで行きますかねー?


……でも今回、本当にしみじみ思ったんですが、過去にクラシック競争出走を本気で夢見て、思い切って5000マンのウマに出資しても、更にフンパツして6000マンのウマに出資しても完全に夢破れていたのに、全くの無欲で出資した1000マンのウマ(たいくうんさんは小笠先生の大ファンなので、小笠先生と悲喜を共有したい一心のみで出資した)であるリスペクトアースが、よもやの僥倖でクラシック出走を果たしてくれるのですから、たいくうんさんらしいと言えばたいくうんさんらしいと言うか、んーホント世の中は(良くも悪くも)一筋縄じゃ行かないなぁ…と痛感する限りです。


ちなみに今週はリスペクトアースの皐月賞以外にも、

土曜福島9R 500万条件 ミューラルクラウン
日曜阪神1R 未勝利戦 オープンユアアイズ
日曜中山9R 鹿野山特別 レインオーバー
日曜阪神10R 陽春S アースゼウス

といったカンジで(勝ち負けは別として)、質量ともに(個人的には)大盛り上がり大会でたいくうんさん早くも鼻血を吹き出してしまいそうなイキオイの週末です。

…思えば遠くまで来てしまったたいくうんさん、この先どこまでゆくのか皆目見当もつきませんが、とりあえずは今週、一つの節目として、全てのウマが無事に頑張ってくれて、願わくば少しでも良い成績を残してくれる事を願っております。うん。
posted by たいくうん at 20:30| 茨城 ☀| Comment(2) | リスペクトアース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする