2015年12月31日

今年もオツカレサマデシタ

イキナリですが

「食べ物をソマツにするな!!」

っていう御意見は至極ごもっともかと思うんですが、いやでもコレ(↓)は本当にスゲェ…と思っちゃいました。










【パルムって食べるだけじゃないんだ…】
チョコ.jpg







この類のネタの時っていつも同じ事言ってますが、いやでもホント、ここまで自在に絵が描けたら本当に愉しいだろうなぁ…。ドコのどなたの作品かは存じ上げませんが、ヒジョーにウラヤマシイ限りです。


さて、そんな訳で早くも大晦日です。今年も1年が終わっちゃいます。今年もウマ絡みで色々ありましたが、今日はその辺をザックリと振り返ってみましょう。


【年間勝利数】
今年は4勝でした。初勝利が5月と遅かった上、その後もイマイチ勝てない時期が長かったので、今年は最低記録更新しちゃうカナ? とも思ったのですが、終盤2歳勢が頑張ってくれた(2頭新馬勝ち)事もあり、大体例年どおりの勝利数で落ち着いてくれました。


【3歳勢全滅】
で、2歳勢はホント良く頑張ってくれた反面、3歳勢は全然アレなカンジでした。この趣味始めてから、世代全滅(出資した1世代全馬が未勝利引退)というのは過去に1度だけあったのですが、現3歳世代で2度目の経験となってしまいました……ううむ、今年の3歳世代はチョー自信あったんですが…。確実な勝ち上がりを計算していたアースライジングの離脱もイタかったですが、前評判の高かったディープフォルツァの空振りが激痛でした。…んー、デビュー前のあの盛り上がりは一体何だったんだろう…? その他の3歳出資馬達も全然アレでしたし、この世代は本当に厳しかったです…。

そういえば最初の世代全滅の時も、チョー自信あった布陣だったんだよなぁ…。やっぱりアレですね、たいくうんさんみたいなヤツは、自信あるとロクな結果にならないってコトなんですね。


【その他諸々】
リスペクトアースが重賞2着(京都2歳S)でした。中央重賞ですと、これまでは5着が最高着順(2010年みやこS:パワーストラグル)だったので、よぉやくあと一歩のところまで来ました。20年近く掛けてこの進捗状況ですから、たいくうんさんの中央重賞勝利はあと10年先ぐらいでしょうかね? まーソレはさておき、リスペクトアースには来年も夢を見せてもらいたいです。あ、あと今年は牧場見学会にも参加しました。ヒジョーに面白かったので、来年も是非参加したいなぁ…。


【来年の目標】
これはサックリとシンプルに。
・年間10勝
・中央GI出走

たいくうんさん的に絶好調な年でも8〜9勝程度が限界なので、年間10勝はまームリだとは思うのですが、とりあえず目標という事で。で、中央GI出走は1回しか経験がナイので、これまた(ボク的には)ムズカシイ課題なのですが、こちらも目標という事で。んーでもホント、この2つが両方実現すればイイなぁ…。



んー、こんなカンジでしょうか? 今年を振り返ってみると、前半は若干盛り上がりに欠ける部分もありましたが、10月以降はリスペクトアースの頑張りや5年ぶりの口取り達成(アースコレクション)があったので、全体的に見ると、ここ数年で1番盛り上がった年になったような気がします。来年は更に盛り上がってくれるとイイなぁ…。


皆さんにとって、今年はどんな1年でしたでしょうか? 今年は数年ぶりに一口馬主ブログを復活させた(そういえばブログ復活させた時期ぐらいからウマの成績向上してるカモ)年でもありましたが、このようなヘボブログを御覧下さり、そして温かいコメントを下さり、本当に本当に有り難うございました。来年もどぉかナニトゾ宜しくお願いいたします。



今年も1年オツカレサマデシタ。
posted by たいくうん at 18:20| 茨城 ☁| Comment(6) | 出資馬色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月25日

忘れてた

ネタ的には結構古いヤツなんですが、日本科学未来館が公式で作製したこのお姉さんの悲哀がナカナカにシュールで結構好きです。

ちなみにたいくうんさんはガチガチの文系。でもいつかはボクも、手頃な価格ながら↑の動画みたいな凄まじい爆発っぷりを発揮するウマ持ってみたいなぁ…。


さて本題。

たいくうんさん、先週アースコレクションとアースゼウスの応援に行った際、お知り合いの御方に

「ボクの出資馬、来週は出走予定ナイから、今日の2頭で今年は打ち止めなんですよー」

とか暢気に語っていたのですが、よくよくGFのHP見てみたら、実は今週も出走予定馬いました。…おおお、忘れてたワスレテタ。完全に忘れてた…。今週はウイングソルジャー(土曜中山3R)とミューラルクラウン(土曜中山7R)が出走予定です。んーたいくうんさん、本当に忘れてましたよ。前者については、年内もう1走するカタチに予定変更していたのを忘れてましたし、後者については存在そのものを忘れてました(←サイテーのクズ出資者だなオイ)。

んーまーでもどぉでしょうかね? ウイングソルジャーは(前走見ると)気性的にまだチョット時間が掛かりそう(距離も1600は短そう)なカンジですし、ミューラルクラウンについては、現状どぉにも歯車が巧く噛み合っていなさそうなカンジです。どちらも過度な期待は寄せずにノンビリ応援したいと思っていますが、ミューラルクラウンは転厩初戦という事で、今後和田ジュニア先生(失礼な呼び方すんなよ)がミューラルクラウンをどのように軌道修正させていくのか、お手並みを拝見させて頂こうかと思っております(何で上から目線なんだよ)。

まーソレはさておき、正真正銘、中央競馬もいよいよ今年のオーラス。2頭には是非来年につながるような競馬を観せてもらって、イイ気分で今年を締めくくりたいです。2頭とも張り切ってガンバッテー!!(←忘れてたクセによくゆーよ)
posted by たいくうん at 21:07| 茨城 ☀| Comment(2) | 出資馬色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月18日

口取りが……したいです

先週、ハサミ使ってたら、結構ザックリ指を切っちゃいました。たいくうんさん、遂にハサミを使う能力すら喪失してしまった模様です。幼児か? オレは幼児以下か? …名実ともにリアル赤ちゃんプレイに目覚めてしまいそうなイキオイのたいくうんさんですが、とりあえずは今日も頑張って日記を書いていきたいと思います、うん。


さて、今日の日記は口取りについてです。うん、口取り。ウマが勝った時の記念撮影。…イキナリですが、冷静に考えてみると、ウマとの撮影、しかもたった数十秒の撮影なのに、アレって何であんなに気分がイイのでしょうか? たった数十秒のために、(たいくうんさんの場合)なけなしのカネと時間を浪費して、北は札幌から南は小倉まで、駆けずり回ってしまいます。冷静に考えてみると(しつこい)、本当に冷静に考えてみると(更にしつこい)ヒジョーにアレな行動なんですが、それでもあの数十秒は本当に麻薬的な気分の良さがあります。アレは一体何なんでしょう?

…まーそれぐらい口取り大好きオジサンのたいくうんさんなんですが、近頃は口取りだいぶ御無沙汰なんですよ。…先日ふと

「そういえば最近口取りできてないなぁ…2年ぐらいは空振り続きなのかな?」

と思ったので

「ひぃ、ふぅ、みぃ?」

と指を折って数えてみたら、たいくうんさん実に5年以上口取り空振り続きという極めて痛々しい事実が発覚しました。パワーストラグルの白山大賞典以来、(競馬場にはソコソコ行っているものの)口取りは全く達成できていないといった有様です。…ううむ…。ここ数年のグリーンファームは、勝ち上がり率とか非常に良い数字なのに、これは一体どぉいう事なのでしょうかどぉいうコトなのでしょうか? ホントたいくうんさん、今更ながらこんなキモチ(↓)になっちゃいましたよ!!












【被害妄想に囚われ、グリーンファームに殴り込むたいくうん氏】
6e559b4b4b70640bd895ec965406a094_400.jpg







…いや、まーネタはさておき、グリーン全体の成績は上昇傾向なのに、たいくうんさんの豪快な口取り連続空振りっぷりは、ヒキの弱さというか、もはや根底にある人間的な弱さを感じずにはいられません…。ううむ…。

もぉホントですね、先日このヒキの弱さを(今更ながらに)再認識した際は、本当に全てを投げ出して諦めてやろうかとも思ったのですが、この言葉(↓)を糧に、もぉちょっと頑張ってみますよ。












【たいくうんさんもこぉいうメガネ欲しい】
0425_20.jpg







で、今週は土曜中山5レースの新馬戦にアースコレクション、同10レースの仲冬ステークスにアースゼウスが出走します。明日は運良く仕事が休める事になったので、中山競馬場へ行ってきます。丸々5年ぶりの口取りが達成できたら本当にウレシイ限りですが、んーまー競馬はそんなにアマくないですかねー? とにかく2頭ともガンバレー!!
posted by たいくうん at 22:30| 茨城 ☀| Comment(6) | アースコレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月11日

オープンユアアイズ

先日、コンビニで買い物して駐車場に戻ったら、ちょうど1台のクルマが入ってきたんですが、どう見てもバンパーが外れかかって引きずってるようにしか見えないのですが

「もしかしたらこれぐらい車高低くするのが最近の流行りなんだろうか? むしろこれが正解なのかな?」

とも思ったのですが、降りてきた人(男性)が

「あ゛あ゛あ゛っ!? あ゛あ゛!!」

っていうリアクションだったので、そぉいう訳ではないみたいだなという結論に至りました。まぁそりゃそうか。そうですよね。以上、オチの無い前フリおしまい。感想としては、とりあえず冒頭の文章、一文で「ですが」を3回も使うのは国語的にヨクナイと思いました(そこかよ)。



さて、今日のネタは表題のとおり、オープンユアアイズについてです。たいくうんさんの今年の2歳馬はリスペクトアースが重賞連対、ウイングソルジャーが3戦連続3着で未勝利脱出に向けてある程度のメドが立った…といったカンジでナカナカに良い雰囲気なのですが、実はこの世代で最も期待を寄せている+猛烈に応援しているウマがオープンユアアイズだったりします。

このウマ、最初に入厩したのは5月だったので

「早期デビューで暮れの阪神狙うゼ!!」

的なノリだったのですが、脚元に一頓挫あってムネンの放牧……。ゲート試験もパスできなかったので、放牧の一報を耳にした時は、たいくうんさんこんな状態でした。













【ツキの無さに怒り狂うたいくうん氏】
doga.jpeg







しかしながらその後は順調に立て直しが進み、8月末に2度目の入厩。この時は本当に嬉しくて

「王道の秋デビューで来年のクラシック狙うゼ!!」

的なカンジで、テンションも再度臨界点突破のイキオイだったのですが、まだ脚元の状態がイマイチとの事で、僅か6日で再び放牧…。













【まさかの「ドガァ」アゲイン】
doga.jpeg







もぉホントにグヤジくてグヤジくて、たいくうんさん思わずトイレで吐いちゃったカンジだったんですが、その後の放牧先(山元トレセン)での調整は順調に進み、11月初頭に3度目の入厩を果たしてくれたので

「おおお、今度こそ…本当にコンドコソ…。今ならまだクラシックもマニアウヨ…」

的な雰囲気で、(当初と比べるとだいぶ弱々しいカンジながらも)気勢を上げたのですが、またまたマダ脚元がイマイチとの判断が下され、今度は在厩日数僅か5日で再度放牧……。前回、前々回同様、たいくうんさんまたグヤジくて怒り狂って胃が痛くなっちゃうのかな……と思ったのですが、たいくうんさんの脳内が発した指示はこんなカンジでした(↓)。













【まさかの記憶抹消指令発令】
wasurero.jpeg







という訳で、たいくうんさんの精神衛生上、オープンユアアイズの11月の帰厩は全く以て存在しなかった事象という事になっています。んー、オープンユアアイズ、9月からずっと放牧中だけど早く戻ってきてくれないかナ☆(わざとらしくゆーな)


…まーソレはさておき、オープンユアアイズ、ホントに何とか頑張って欲しいです。んー、

「頑張って欲しい」

というか、ツキが巡ってきて欲しいです。不幸中の幸いというか、現在は山元トレセンで順調に調整が進められているようですので、このキッカケの部分を最大限に活かしてもらって、運の流れを良い方向へと変えて行って欲しいです。んー、でももし万が一、本当にもし万が一

「再度入厩→アラヤダまたまた即放牧」

なんて事態になったら、疲れ果てたたいくうんさん、こんなリアクションをとってしまいそうでコワイです。












【もはや泰然自若の境地】
itumono.jpeg







…いやいやいや、いやもーホント疲れたから、そろそろ巧く進んでいって下さい…(切望)。



さて、今週末は土曜中京9レースにアースコネクター、同じく土曜中山12レースにレインオーバーが出走します。今年も残り僅かですが、勝ち星は昨年の半分(3勝)と若干サビシイ感じなので、何とかこの辺でもう1段、もう2段、勝利数を上積みしたいところです。2頭とも是非頑張ってクダサイ。
posted by たいくうん at 19:27| 茨城 ☁| Comment(4) | オープンユアアイズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月05日

京都2歳Sの事とか

さて、そんな訳で先週土曜日は京都2歳S出走のリスペクトアース(と貴船Sのアースゼウス)を現地応援、翌日曜日は府中でウイングソルジャーを応援、その後夜はグリーンファーム愛馬会の集いに参加と、ナカナカに盛り沢山な週末でした。


で、まずは京都2歳Sですが、こちらはアツかった…というか、レース後の脱力感っぷりがハンパ無かったレースでした。最後の直線、残り200を切った辺りでは思わず


「とっ、とさーす!!」


という意味不明な奇声を発してしまいました。いや、叫んだ本人にしても理解不能な単語なんですが、多分

「戸崎ぃ!!」

って叫ぶか

「アースぅ!!」

って叫ぶか瞬間的に悩んで、その化合物として「とさーす」なる単語が創出されたんだと思います。僕が応援してた場所のスグ横には親子連れ(パパ・ママ・4歳ぐらいの子供)がいたんですが、夫婦からは怪訝そうな顔で見られた挙句、ママはさりげなく子供を庇うように後ろに移動させていました。うん、母の愛は偉大ですね(そぉいう問題か?)

まーソレはさておき、そんなこんなで2頭が並んでゴール。リスペクトアースがドレッドノートに差し切られて入線した直後、(完全に差し切られたのは明白だったのですが)

「いやもしかしたら万が一残ってるかもしれない。差し切られたのはボクの目の錯覚かもしれないうんそうだそうだ目の錯覚だサッカクかも錯覚だったらイイナ」

的なカンジで、落胆と混乱とが入り混じった状態でイキオイだけで口取りの集合場所に向かってみたら、スーツの集団がいたので

「おお、これはもしかしてマジで目の錯覚だったか!? リスペクト勝ったか!?」

なんて一瞬思ってしまったのですが、そういえばドレッドノートはキャロットのウマだった…。スーツ集団はドレッドノートの出資者の皆様でした。…以下、たいくうんさんのココロの独白。







【その時のボク】
暗澹たる気持ちで立ち尽くすボクの10メートル程先で、キャロットの社員さんが口取りに向かうに際しての最終確認の点呼を取っている。

「○○さぁ〜ん」
「はい!!」
「▲▲さぁ〜ん」
「はいっ!!」

流石に重賞での口取りだけに、みんな満面の笑顔あるいは興奮で若干顔が紅潮したりしている。実にけしからん羨ましい。

そして点呼は続く。重賞だと口取り参加者は約20名いるから、点呼を取るのも結構大変そうだ。続く点呼。続くボクの屈辱感。さらに続く点呼。あまりにも悔し過ぎて、ボクは思わず

「点呼点呼って、そんなに点呼強調するんなら、オレはパンツ脱いでチ●コ強調するぞ!!

ナドと叫びたい衝動に駆られてしまうものの、チキンな性格故そんな事もできるハズもなく…。そして点呼もほどなく終了し、笑顔のスーツ集団は関係者以外立ち入り禁止の扉の向こう側へと消えてゆく。彼らは今から歓喜のクライマックスを迎える。反面、ボクはただただ扉の外側で立ち尽くす。そして考える。

「どうしてこうなったんだろう?」

ふと、心の内側のもう一人のボクがその疑問に応える。

「マケタカラダヨ」

それは至極真っ当な回答だ。ボクは苦笑しつつ、もう1つだけ質問を投げかける。

「ボクも来年はあの舞台に、いや、もっと晴れやなか舞台に立てるかな?」

その質問に対する応えは







いつまで経っても聞こえなかった。


ボクは扉の手前のベンチに座る事にした。長時間立っていると足が痛む事を、今更ながらに思い出した。ベンチに深く腰を掛け、独り思いを巡らせる。そういえば……ボクは数年前にもこのベンチに座って落胆していたような気がする。ボクは追憶の彼方の記憶を辿る。…そうだ、橘ステークスのユーチャリスだ。もう8年以上前だ。あの時も2着だった。

「空想という手法と同様の感触で、過去の記憶というものは時間の経過とともに幻想に紛れ変遷する」

という言葉を残したのは誰だっただろうか? …しかし8年経った今も、同じベンチに座り、あの時と同じ感情を一種の感触として認識できるというのは、その想い出が決して幻想に紛れていない証左ではあると思う。その感触の認識が生涯続くとは限らないが。

そんな他愛もない事を延々と考えていたら、グリーンのスーツ軍団の皆さんが続々到着した。お知り合いの御方から

「ベンチ座って何難しいカオしてるの?」

と聞かれたが

「もう一人の自分と話してたり、空想と認識と時間の経過の感触のコト考えてました」

なんて言ってしまった日には、間違いなく緑の救急車を呼ばれてしまう事請け合いなので、とりあえず

「あー、ゴール前アツくなり過ぎてチビッちゃって…パンツ買う店考えてました」

とだけ、答えておいた。


そして暫く後、グリーンのスタッフさんが集合場所に現れ、レース後のコメントを話してくれた。コメントの最中、スタッフさんや会員さんは全員立っていたのだが、ボクだけは(足が痛い故)一人座っていたので、端から見たらヒジョーにガラの悪い会員……というか、極めてカンジの悪い会員の様相を呈していた。そろそろまた、同じウマに出資している新しいトモダチも欲しいなぁ…とは思うけど、この様相じゃ当分ムリかね? という諦観じみた気持ちに囚われる。

そしてコメントを聞き終えた後、ボクはその場を後にした。次に京都競馬場に来るのはいつだろう? とりあえず、今日の記憶は幻想に紛れさせる事なく、確りと記憶に留めておければイイな…とは思う。

【その時のボク おしまい】



…うん、何か連々と書き連ねてしまいましたが、何だか物凄く恥ずかしい事を書いているような気がするので、サクッと次に行きましょう。


で、集合場所から離れた後、駅方面まで向かう帰路のさなか、競馬場内にて人の集まりみたいなモノがあったので、ちょっとだけ覗いてみたら、何か京阪電鉄のイベント的なモノが開催されていました。即売会みたいなヤツを開催していたので、電車のプラモデルとか売ってるのかなー? と思ったのですが、よく見てみると電車の車輪とか電車内の電話(通信機器?)みたいな、リアルな電車パーツを販売してました。結構沢山のヒトタチが熱心に商品を見てましたが、一番活況を呈していたのがココ(↓)でした。







【電車の先頭車輌とかに付いてるヤツ?】
DSC_0393.JPG






たいくうんさん、電車のパーツについて無知故、コレがどんなシロモノなのか判別できなかったのですが、電車の先頭車輌の真ん中についているヤツとかなんでしょうか? 値札を見てみると、

「3,000円」
「5,000円」

とか結構イイ値付けがされているので

「あーこりゃ買えないなぁ。300円とか500円だったら、ブログネタ用に1コ買おうかと思ったのに」

なんて暢気に眺めていたのですが、よくよく見てみたら、たいくうんさんケタを1つ見落としていたようで、みんな30,000円とか50,000円とかいったシロモノでした。マ、マジデスカ!? 鉄道ファンの財力ってスゲェ…。

そんな事をボンヤリと考えつつ競馬場を後にし、新幹線に乗って帰ってきた次第です。


そして翌日はグリーンファーム愛馬会の集い…なんですが、長文で疲れたので、集いに関しては(気が向いたら)来週記させて頂きます。あ、でも2週に渡って引っ張るほどのオモシロいネタではありませんので、予め何卒御容赦クダサイ。


あーでもホント、先程の【その時のボク】は、気の向くままに書き連ねたけど、こぉいうのってムズカシイし、端から見ると痛々しいし、んー何だか疲れますね。オヤスミナサイ。
posted by たいくうん at 00:44| 茨城 ☀| Comment(6) | リスペクトアース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする