2015年08月28日

ど根性

皆さんは『ど根性ガエル』って御存知でしょうか? 吉沢やすみ氏原作の漫画で、アニメとかも放送されていたヤツなんですがね、先日ウチの職場に来ていた業者さんのヒト(29歳)にそのハナシをしたら

「あー、昔アニメでやってたらしいですね。名前は聞いたコトありますけど、絵的にはゼンゼンどんなのかワカラナイです」

なんて仰るのですよ。…うおおお、たいくうんさん、もぉ既に20代後半のヒトとは絶望的なまでに埋め難いジェネレーションギャップが生じているのか…。

ちなみにこの『ど根性ガエル』、現在毎週土曜の夜に実写ドラマが放送されているんですよ。アニメの頃からは十数年後という設定のドラマなんですが、今たいくうんさん、このドラマにナカナカハマっております。

主役の松山ケンイチさん(ひろし役)については、当初若干の違和感がありましたが既に慣れましたし、ピョン吉役の満島ひかりさん、この人が相当に凄いんです。僕、このヒトあんまり知らなかったので

「満島ひかり? あー、『バラライカ』歌ってたヒトだよね?」

とか真剣に思っていたのですが、それは月島きらりというヒトでした…。惜しいような惜しくないような、際どい間違いの気もしたのですが、冷静に考えると全く以て惜しくない単なるイタい間違いでした。

で、その満島ひかりさんなんですがね、コレがもーチョーハマり役なんですよ。まぁ声だけの出演なんですけどね。もぉホント、このドラマ観る目的の半分はピョン吉見たさといっても過言ではありません(言い過ぎ?)。

それ以外の部分ですと、よしこ先生役の白羽ゆりさんが、やたらとエロい雰囲気満載なカンジ非常に大人の魅力満載なカンジで、非常にインパクトがあります。こんなカンジです(↓)。








【アニメ版の雰囲気はしっかり継承してますな】
sennsei.jpg





ちなみにこの白羽ゆりさんって、僕は全く知らない存在だったのですが(失礼なコトゆーな)、宝塚出身の御方なんですねー。ナルホド、そう言われればそんなような気もしますねー(ホントか?)

そんなこんなで現在お気に入りの実写版『ど根性ガエル』なんですが、お気に入りになり過ぎて、先日独りで汐留の日テレグッズの店まで行って、コレ買ってきちゃいましたよ(↓)。








【オマエどんだけヒマ人なんだよ】
pyon2.JPG




ちなみに以前、近所の洋服屋で既にピョン吉Tシャツは購入済だったりします。








【上のヤツとはビミョーにデザインが違うのね】
pyon1.JPG





「オマエ一体どんだけピョン吉マニアなんだよ……」といった憐憫の空気を確実に感じてしまう今日この頃のですが、今年のグリーンファーム愛馬会の集いは、このTシャツ着てGパン履いて、頭に白縁のサングラス装着して参加したいと思います(間違いなく会場からつまみ出されます)。

まーソレはさておき、今週も『ど根性ガエル』観るのが愉しみです。でもあと2〜3話で最終回なのかなー?


さて、今週は日曜新潟6レースにレインオーバーが出走します。前走は気性的にどぉにもだらしない面を見せてしまいましたが、今回は是非一変してもらってピョン吉並みのど根性を発揮してもらいたいです。んーでもどぉなりますかねー?
posted by たいくうん at 22:15| 茨城 ☔| Comment(6) | 出資馬色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月24日

着いた

前回のブログでは2015年産のグリーンファームの申込馬を記させて頂きましたが、今日グリーンから申込書が返送されてきましたよ。早速開けてみたら、こんなカンジでした








【よく裁判所の前でダッシュで掲げてますね】
DSC_0169.JPG







……1度ならず2度までも、復帰早々の極めて残念なネタ、何卒御容赦下さい。…つーかたいくうんさん、字汚過ぎだろ…。

まーそんな訳で、今年のたいくうんさんの出資馬が無事確定しました。とりあえずは一安心。折角ですので、申し込み理由なんかもひととおり書いてみちゃいましょうかね?


【2 アースサウンドの2014(父ダイワメジャー)】
母のアースサウンドは僕にとってナカナカに思い入れが深いウマで、初勝利時と2勝目の時は口取りにも立ち会わせて頂きました。僕は馬体とかサッパリ判りませんが、毛色が母と一緒という点は辛うじて判別できたので(辛うじてかよ)、とりあえず申し込んでみました。ダイワメジャーの仔には是非1度出資してみたかったので、そういったイミでもナイスタイミングでした。


【9 ファンジカの2014(父ダイワメジャー)】
↑では「ダイワメジャーの仔には是非1度出資してみたかった」なんて言ってたハズなのに、一気に2頭出資するカタチとなってしまいました。んーこれもホント、巡り合わせというかタイミングの産物ですよねー。で、このウマに関しては

「母高齢」
「小さい」

という不安がどぉしても付き纏ってしまいますが、んーこれはどぉなりますかね? ひと夏を越して劇的に成長を遂げてくれる…というのが一番の理想ではあるのですが、(個人的な感覚では)正直言って大幅な成長は見込めないという気はしています。体高も低いし…。ただ、幅はそれなりにあるようですので、その辺りに望みを繋ぎたいです。以前グリーンファームで募集されてたオレンジティアラも、ちっちゃくて体高低かった(145センチぐらいだったかな?)けど、結構幅があるパワフルな馬体で、小さいながらも活躍してくれた…という記憶(うろ憶え)があるので、何とかこのウマにも頑張って欲しいです。でもどうかなー? 感覚的には

「ツーベースヒットの可能性もあるけど、5打席連続三振かも…」

ぐらいなキモチです(イミわかんねーよ)。


【11 ファストアズライトの2014(父キンシャサノキセキ)】
今回の会員優先申込期間が終了した段階で一番ビックリしたウマ。いやいやいや、このウマが優先ワク満口になるとは、全く以て想像しておりませんでした。最初、クラブのHP見た時

「あらヤダ!! クラブのスタッフさん、10番と11番を間違って書いちゃってる!!」

とか真剣に思っちゃったぐらいです。やーでもホント、このウマの優先ワク満口はそれぐらい意表を突かれてビックリしちゃいました。…んー、前回の記事でたいくうんさんがこのウマ申し込むって書いちゃったから、人気殺到しちゃったのかしら?(それだけは断じてナイ) やーでもホント、当初は

「年明けまでは残口残ってるカナ?」

なんて暢気に考えていたのですが、とりあえず押さえておいてヨカッタです。ちなみに母のファストアズライトにも出資していたので、このウマにもなかなか思い入れはあります。あ、あと、ごく個人的な勝手なイメージなんですが

「須貝調教師は管理馬を褒めまくる」

という認識があるので、会報での絶賛コメントはハナシ半分…いや、ハナシ2割ぐらいに聞いておいた方がイイんでしょうかね? でもホント、叶う事なら是非、須貝調教師の言葉どおりの結果を創出するウマに成長して欲しいです。


【12 フサイチミニヨンの2014】
「きっと人気薄なんだろうなぁ」

とは思っていましたが、やっぱり人気薄でした。無風状態でした。このウマに出資した理由は、昔社台のパンフを見た際にフサイチミニヨンの仔が載っていて

「ああいいなぁ。社台はこんなイイ馬を募集してるんだなぁ。羨ましいなぁ」

なんて漫然と思っていたのですが、巡り巡って時は流れ、そのフサイチミニヨンの仔がグリーンでも募集されるに至った…という点に、何だか色々感じ入ってしまい、気が付いたら申込書にマル印を付けてしまっていました(それでイイのか?)。フツーに考えると、母高齢だし、馬格もないし、近年結果も出ていないので、正直厳しいとは思います……厳しいとは思うのですが、個人的に父のシンボリクリスエスとは結構相性が良い(過去4頭出資で計14勝)なので、何とかその辺にうっすらとした期待を寄せたいと思っております。


以上です。でも改めて見てみると、今年の申込馬は全部牡馬になっちゃいました。なるべく牡牝のバランスを取りたいと考えてる輩としては、ちょっとアレなチョイスとなってしまいました。んーこぉなったら、来年のトレーニングセール募集馬は、久々に牝馬落札してきて欲しいなー(自分の都合で勝手なコトゆーな)。

そんなこんなでイロイロと無責任なコトを書き連ねてしまいましたが、もし不快に感じる表現等ありましたら本当にゴメンナサイ。たいくうんさん悪意はないんです。たいくうんさんバカで空気読めないだけですので(サイアクじゃん)、どうか何卒御容赦下さい。こんな僕ではありますが、もし同じ馬に出資された方がいらっしゃいましたら、今後出資馬の悲喜交々を共有して盛り上がっていけたら重畳の極みこの上ありません。御一緒の皆様、どうか今後とも何卒宜しくお願いいたします。
posted by たいくうん at 22:16| 茨城 ☀| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月15日

ただいま

そんな訳で、皆様大変御無沙汰いたしております。僕です。たいくうんです。…あー、憶えてる? 僕ですよボク。たいくうんさん。やだなぁもぅ憶えてるでしょたいくうんさんですよたいくうんさんあのたいくうんさん(←落ち着けよ)。あ、ホラ、思い出した? やっぱり思い出せない? んー困ったね…。


…グリーンファーム界隈のブログ書く人間としてはもはや

「何となく憶えてる過去のヒト」
「ああ昔そんなイタイ奴いたね」

といった風体の輩ですが、此度ブログを復活させてみました。約500日ぶりです。別に特段の事情やら深慮遠謀があるという訳でもなく、とりあえずキーボードを叩いております。でもあまりにも久々過ぎて

「何書いてイイかワカラナイ」

というか

「どうやって書けばイイかワカラナイ」

といったカンジで、どうにも調子が出ません…。ムカシは何も考えずにポンポン書くコトが思い浮かんでましたし、ブログ更新中にテンション上がり過ぎちゃって全裸になってしまう事も頻繁にあったんですけどねー(それは単にオマエの性癖だろ)。

で、とりあえず何を書こうか迷ったんですが、とりあえず時期的に丁度グリーンファームの2015年の募集開始時期なので、とりあえずたいくうんさんの申込馬について記したいと思います(1つの文章の中で何回「とりあえず」使ってんだよ)。で、本邦初公開、たいくうんさんの申込馬はこんなカンジですよー!!





【何年前の申込馬だよ】
DSC_01642.jpg





…復帰早々の大変に残念なネタ、痛惜の念に堪えず、また、悔悟の念を禁じえません(首相談話みたいにゆーな)。しかも画像の字がちっちゃくてゼンゼン見えねぇ……復帰ネタ用に一生懸命昔の申込書探しまくったのに……んー失敗。明らかに失敗。ちなみに上のヤツは98年産の申込書、ちょうど2000年問題とかが取り沙汰されていた頃のヤツです。あーんーそりゃたいくうんさんもトシ喰うワケだ……。蛇足ですが、この世代はミムズリターン98(競走馬名:グリーンビルボード)とかフローラルマジック98(競走馬名:フローラルグリーン)といった非常に判りやすい当たりウマがいたにも関わらず、たいくうんさんの選択肢は

「サクラオーヒ98、渾身の一択」

というカンジでした。しかも後から複数口追加出資したりしてました。…むぅ、たいくうんさん、昔も今も(未来も?)相変わらずウマ選ぶセンス皆無ですな…。

前フリ(前ボケ?)が長くなりました。正真正銘、こちら(↓)がたいくうんさんの申込馬です。





【案外フツーなチョイス】
DSC_01662.jpg




相変わらず見難い画像ですが、アースサウンドの2014・ファンジカの2014・ファストアズライトの2014・フサイチミニヨンの2014の4頭となっております。まだ申込の段階なので、無事出資が叶ったら出資理由なんかもブログに書いていきたいです。8月20日が優先期間の締切ですが、皆様はどんなウマが気になりましたでしょうか?

という訳で、復帰一発目のブログを記してみました。疲れました。たいくうんさん、疲労の色合いが濃く、手足の震えが止まりません(ウソゆーな)。たいくうんさんの場合、皆様のコメントがブログ更新の唯一の原動力となっておりますので、どうか気が向いたら是非是非是非、コメントを書き込んでやって頂ければ重畳の極みこの上ありません。何卒宜しくお願いいたします。反響薄いと、たいくうんさんまた500日間ブログ放置しちゃうよ?(←脅迫してるつもりかよ)

まー何はさておき、久々の日記更新、(ごくごく少数かとは思いますが)御覧になって下さった皆様、ホントの本当に有り難うございました!! また近々、更新できればイイなぁ…。
posted by たいくうん at 15:15| 茨城 ☀| Comment(14) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする